[終了しました]【イオンモール松本】連続トーク企画「このまちに暮らすこと。」#1まちの本屋

このまちで暮らすことを考える連続トーク企画の第1弾。

 

いいまちには、いい本屋がある。
WEB全盛・出版不況と言われる時代にありながら、
個性的な新しい本屋が各地で次々に生まれてもいます。
暮らすまちや旅先のまちで好みの本屋が見つかると、
胸踊るのは何故でしょう。
まちの本屋の役割と、その可能性を考えます。

時間:
約90分間
開催場所:
無印良品イオンモール松本OpenMUJI
講師:
牧野伊三夫
その他:
*当日ご予約いただかなくても立ち見などでもご覧になることは可能です。
なお、来場者多数の場合はご容赦くださいませ。

主催:このまちに暮らすこと。実行委員会
三谷龍二(10cm)
前田大作(atelier m4)
永木卓(RITOGLASS)
中川圭(本・中川)
菊地徹(栞日)
申込方法:
下記の応募フォームより、お申し込みください。
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきますのであらかじめご了承願います。
キャンセル:
キャンセルはMUJI passportメッセージ通知またはイベント登録完了メールより手続きをお願いします。

講師紹介

  • 牧野伊三夫 ゲスト: 牧野伊三夫

    1964年北九州市生まれ。画家。

    1987年多摩美術大学卒業後、広告制作会社サン・アドに就職。1992年、退社後、名曲喫茶でんえん(国分寺)、月光荘画材店(銀座)、HBギャラリー(原宿)等での個展を中心に画家としての活動を始める。1999年、美術同人誌『四月と十月』を創刊。第2回アトリエヌーボーコンペ日比野賞。2012、2013、2017年東京ADC賞。著書に『僕は、太陽をのむ』『仕事場訪問』(ともに港の人)『かぼちゃを塩で煮る』(幻冬舎)。『雲のうえ』(北九州市)、『飛騨』(飛騨産業)編集委員。東京都国分寺市在住。
×
×