[終了しました]【グランフロント大阪】関西の手仕事vol.6~型紙を使って作る封筒セット~

写真家・平野愛が関西で出会った老舗企業と作る、手仕事ワークショップシリーズ。今回は創業100年を迎える大阪・堺の株式会社 羽車をご紹介します。
人から人へ、手から手へ、思いを伝える大切なツールとしての「封筒」にいまいちど触れ合う時間を作れたらと思います。
羽車で取り扱う100種類を越える豊富な紙の中から、今回のためにセレクトいただいた紙の数々もお楽しみください。
暮らしの中で使える、自分だけのオリジナル封筒を作ってみませんか。

開催場所:
グランフロント大阪 Open MUJI
参加費:
1000円
講師:
株式会社 羽車
その他:
参加対象:中学生以上(12歳以下は保護者同伴)
※参加費にはマチつきクリアケースが付きます。
※当日は社内資料用に撮影させていただきます。ご了承くださいませ。
申込方法:
下記の応募フォームより、お申し込みください。
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきますのであらかじめご了承願います。
キャンセル:
キャンセルはMUJI passportメッセージ通知またはイベント登録完了メールより手続きをお願いします。

講師紹介

  • 株式会社 羽車 1918年(大正7年)創業の封筒・紙製品のメーカー。大阪府堺市の本社工場では封筒生産機と印刷機を中心に50台を超える機械が稼働しています。

    素材(オリジナル紙素材の開発)、加工(職人によるアナログ感のある加工)、デザイン(普遍的でシンプルなデザイン)を大切に、企業のビジネスステーショナリー・販促用の紙製品を製造。紙による豊かなコミュニケーションを目指しています。

    ウイングド・ウィールは株式会社 羽車が展開しているステーショナリーブランドです。
    株式会社 羽車
  • 講師:炭谷真希・中野聡美(株式会社 羽車 企画部) 羽車にて商品の開発・デザインを担当。

    印刷加工のサンプルデザイン提案の他、自社オリジナル原紙の設計にも携わっています。

    商品開発において大切にしているのは、年代や性別、国境を越えて愛される商品です。

    このイベントを通じて、私たちのものづくりを知っていただけたらと思っています。
  • 平野愛(写真家) 1978年生まれ。京都出身。住まい・暮らし・人の撮影から執筆まで。自然光とフィルム写真にこだわったフォトカンパニー「写真と色々」代表。借り暮らしWEBマガジン「OURS.」の立ち上げメンバーとしても日々編集活動中。2016年より無印良品グランフロント大阪Open MUJIにて数々のワークショップや展覧会を企画。これまでも関西の糸・革・活版印刷・石鹸を用いたシリーズを展開しています。
    株式会社 フォトアンドカラーズ
×
×