[終了しました]【広島パルコ】日本一大しめ縄の町飯南町 大しめ縄の伝統文化と生活のお話・しめ縄作り体験

今年、6年振りに架け替えが行われる出雲大社神楽殿の大しめ縄。その大しめ縄が作られているのが、島根県にある飯南町(いいなんちょう)という町です。
広島県と島根県の県境に位置し、1950年代から大しめ縄作りに携わり、現在でもその伝統を継承している地域です。大しめ縄の制作は田植え、稲刈り、作業、そしてクレーンを使い行われる大撚り合せ、奉納まで一年以上かけて行われます。今回、大しめ縄の伝統文化と生活のお話、職人が教える小さなしめ縄作り体験を行います。

開催場所:
無印良品 広島パルコ Open MUJI
参加対象:
6歳以上
講師:
飯南町大しめ縄創作館
その他:
※わらくずが付いてもよい、動きやすい服装でお越しください。 
※しめ縄はお申込み人数1名につきまして、1点のみの制作となります。 
※当日は、ワークショップの様子を撮影させていただきます。

申込方法:
下記の応募フォームより、お申し込みください。
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきますのであらかじめご了承願います。
キャンセル:
キャンセルはMUJI passportメッセージ通知またはイベント登録完了メールより手続きをお願いします。

講師紹介

  • 飯南町大しめ縄創作館 島根県飯石郡飯南町にあります出雲大社神楽殿の大しめ縄の制作に代表される、町に伝わるしめ縄づくりの伝統文化を後世に伝え、また、その技術を活かし、しめ縄の生産を行う施設として平成26年9月に開館。
×
×