[終了しました]MUJI to GO KITTE 丸の内「HOW to GO vol.06 Sanjiro Minato Graeme McNee」

2016年4月8日(金)~6月30日(木)

目的地が同じでも、そこへの行き方、過ごし方はひとそれぞれ。どこへ行くかではなく、どうやって行くか。HOW to GOは、無印良品を使った、新しい旅の方法を考えるプロジェクトです。
vol.06では、無印良品の新しい手ぬぐいとハンカチをご紹介します。
MUJI to GO KITTE 丸の内では、HOW to GO vol.06の展示を行っておりますので、この機会にお立ち寄りください。

[店舗情報] MUJI to GO KITTE 丸の内

開催日:
2016年4月8日(金)~6月30日(木)
開催時間:
11:00~21:00(日・祝11:00~20:00)
※店舗営業時間内
開催場所:
MUJI to GO KITTE 丸の内
参加費:
無料

京都市下京区の「サウナの梅湯」番頭の湊三次郎(みなとさんじろう)さん。自他ともに認める銭湯好きで、銭湯を目当ての旅では、一日10軒以上まわることも。
廃湯寸前だった梅湯の経営に名乗りをあげ、2015年より番頭を勤めています。イラストレーターで神戸在住のグレアム・ミックニーさんが、梅湯にふらりと立ち寄りました。

業者から廃材を回収、鉄くぎなどを取り分けて薪は自身で割ってボイラーに。少しでも燃料費を節約するため、毎日50本ほどの薪をくべます。

機能ハンカチ

いろいろな国の挨拶の言葉や数字、迷路などがプリントされたハンカチ。
旅行時のコミュニケーションツールとしても使えます。

湊さんに銭湯巡りの持ちものを訪ねると、「ほとんど手ぶらです」との答え。
タオルを貸し出す銭湯もあるようです。手ぬぐいひとつの銭湯旅も、案外快適かもしれません。

手ぬぐい

明治時代から続く、注染の技法を使って染め上げた手ぬぐいはかさばらず、ふらりと立ち寄る銭湯旅にぴったり。

パラグライダークロスたためる仕分けケース

「パラグライダークロスシリーズ」はパラグライダーの帆の部分に使われる、薄くて軽い素材を使用しています。2016年限定カラーのブルーです。

グレアムさんは南アフリカ生まれ、スコットランド育ち、現在は神戸市在住。
旅にはスケッチブックをかかさず持っていきます。