[終了しました]無印良品 有楽町 ATELIER MUJI「暮らしを寿(ことほ)ぐ切り紙 窓花(まどはな)」展

2016年12月2日(金)~2017年1月22日(日)

年の瀬から新年を迎える季節、ひとはみな人類共通の祈り、平安を願います。
本展では、中国中央部に暮らす人々が、新年を迎え寿ぐ心を農閑期の手仕事にこめた、素朴で温かみある小さな切り紙「窓花」をご紹介します。

「窓花」は、文字どおり家屋の窓を飾る小さな切り紙です。新たな年を迎えるにあたり、それぞれ暮らす家の窓飾りを、農村の女性達が自らの手で作り続けています。それらは、そこに生きる人たちの生活に欠かせない動植物や、想像上の人物や生き物などをモチーフに、ハサミと紙だけでおおらかに表現しています。そして、厳しい環境でも心豊かに暮らす人々の智恵や手仕事への想いにあふれています。異なる文化でありながら、なぜか私たちに懐かしさや、心の豊かさを想起させる、小さな民間芸術です。暮らしに寄り添った美と、小さな切り紙が生まれたその地へと開かれた、ささやかな窓のような展覧会です。

関連イベントはこちら

開催日:
2016年12月2日(金)~2017年1月22日(日)
※2017年1月1日は、休館日のためお休み
開催時間:
店舗営業時間内
開催場所:
無印良品 有楽町 2F ATELIER MUJI
参加費:
無料
主催:
無印良品
企画・運営:
株式会社良品計画 生活雑貨部 企画デザイン室、無印良品 有楽町 ATELIER MUJI
企画協力:
丹羽朋子、下中菜穂
展示協力:
臼井悦郎(日立市大久保鹿嶋神社 宮司)・臼井智子

関連イベント