[終了しました]無印良品 有楽町 イベント「鴨川への誘い 2017夏」

無印良品がNPO法人うずと千葉県鴨川市釜沼地区で行っている「鴨川里山トラスト」及び鴨川周辺地域の様々な活動を定期的にご紹介しています。「鴨川里山トラスト」は棚田、畑、果樹園、雑木林、炭焼き小屋、古民家などがある里山全体の時間と空間を、価値ある社会の共有財産として保全するための活動です。

第2回目である今回のイベントでは南房総市白浜でシラハマ校舎を運営されている合同会社WOULDの多田朋和さんをお招きし、白浜の魅力や白浜での取組みをご紹介いただきます。また、シラハマ校舎で販売中の「無印良品の小屋」をご紹介しながら「二拠点居住について」考えます。実際に東京と白浜で二拠点居住を行っているトンボ玉作家・秋家さんに二拠点居住についてお話しを伺います。あわせて、秋家さんによるトンボ玉を使ったワークショップも体験して頂けます。

時間:
約90分間
開催場所:
無印良品 有楽町 3F Open MUJI
参加費:
500円
講師:
多田朋和(合同会社WOULD)
秋家香織(グラスドロップ)
参加対象:
特になし
定員:
14名様
申込方法:
下記の応募フォームより、お申し込みください。
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきますのであらかじめご了承願います
キャンセル:
キャンセルはMUJI passportメッセージ通知またはイベント登録完了メールより手続きをお願いします。

講師紹介

  • 多田朋和(合同会社WOULD)香川県高松市出身。実家が不動産業だったことから、もともと不動産業に興味を持っていた。大学進学時に千葉県に移り住み、卒業して都内の内装工事会社に就職したが、20歳代後半に、自分の内装工事の技術を生かして、遊休不動産のリノベーション事業の展開を計画。南房総市にて出会った元ホテルの社員寮をリノベーションし、平成22年にシラハマアパートメントをオープン。現在は、廃校となった旧長尾小学校の校舎を改築し、賃貸オフィスや宿泊施設などを備えた「シラハマ校舎」の運営も行なっている。
    [関連サイト]
    シラハマアパートメント シラハマ校舎 アパートメントプロダクツ
  • 秋家香織(グラスドロップ)多摩美術大学 上野毛校 グラフィックデザイン科卒業。卒業と同時にイラストレーターとして独立。2000年、独学でバーナーワークによるガラス作品を作り始める。2005年、千葉県南房総市に移住。浅草橋のガラス専門店「Kinari」にてバーナーワークの講師を始める。以後、南房総市と東京都内の2拠点生活をしています。2007年、南房総市のシラハマアパートメント内に「ガラス玉工房 グラスドロップ」をオープン。工房ではガラス作品の制作と販売、トンボ玉作りのワークショップをしています。またギャラリーでの展示、イベント等での出店などもしています。好きなことウクレレ、水泳、海や野山の散策など。[関連サイト]
    Glass Drop:facebook
    GLASS DROP:ブログ
×
×
Open MUJI

Open MUJI 有楽町

住所
東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町 1~3F
電話
03-5208-8241
営業時間
10:00~21:00

開催予定のイベント