「民藝運動フィルムアーカイブ 名も無き美を求めて1934-2017」展

  • 期間 : 2017年1月27日(金)~3月26日(日)

美術品ではなく、庶民が日常的に扱う日用品に日本の美と手仕事を見いだし、世界にその価値を知らしめた民藝運動。そのメンバーの1人であるバーナード・リーチが1934-35年にかけて来日し、当時貴重であった16ミリの機材で自ら撮影したフィルムが長らく氏の自宅に眠っていました。柳宗悦、濱田庄司、河井寛次郎など民藝運動を起こしたメンバーの姿や、当時の日本各地のものづくりの現場やさまざまな風土、風景がそこにはありました。カナダ人映像作家のマーティ・グロスがその存在にたどり着き、晩年フィルムを譲り受け、劣化したフィルムをデジタル化し、撮影された内容を確認しながら、民藝をテーマにした映像作品を製作したり、日本に眠っている映像資料を掘り起こす活動を続けてきました。
本展では、先人達が残してくれた貴重なフィルムから、未来へつながるものづくりや暮らしのヒントを探ります。

関連イベントはこちら

The Mingei Movement Film Archive: Searching for Nameless Beauty, 1934-2017

The Mingei (Japanese Folk Craft) Movement discovered in Japanese handcraft an inherent beauty that lies in objects used in daily life, and communicated its value around the world. When Bernard Leach, one of the movement’s founders, visited Japan in 1934 and 1935, he made several 16mm films – a medium which was very rare at that time. His movie camera captured members of the Mingei movement including Muneyoshi (Soetsu) Yanagi, Shoji Hamada and Kanjiro Kawai; and recorded workshops, rural settings, and landscapes around Japan. In 1975, Canadian filmmaker Marty Gross was reading Leach’s book, A Potter in Japan (1952-54) and noticed that Leach mentioned having made those films. Gross immediately contacted Janet Darnell Leach to find out if the films still existed. Leach was elderly at the time and losing his eyesight. He was concerned that the films be preserved and so handed them to Marty Gross who has now restored and digitally re-mastered them. He has continued to produce new films from archival footage that he has found around Japan, conveying the Mingei theme. Marty Gross also has been searching for undiscovered visual documentation on the crafts of Japan.
In this exhibition, by studying these moving images of our ancestors at work at their crafts, we can see a way to the future and find wisdom within our everyday lives.

次回展覧会予告

「新生活のスイッチ」展
2017年3月31日(金)~4月23日(日)

春がきました。
うららかな日ざしとともに、地上に生命力が満ちてゆくのを感じます。日本では、大きな変化を迎える新年度のはじまりでもあります。入学、卒業、新学期、進級、席替え、入社、異動、転勤、引っ越し。それは、あなたの新たな生活のスイッチになるのかもしれません。そのとき人は何を考え、何を感じ、何をするのでしょう。

そこで一組のアーティストが気になる人たちに逢いに行き、新生活をテーマに話を伺いました。
本展では、その言葉のかずかずを紙に束ね、仕掛けのある空間でみなさんにお届けします。ふだん見過ごしているかもしれない、生活の中にひそむスイッチを探して下さい。