株式会社京阪流通システムズ

業務範囲: オフィスコーディネートの相談

心地良いオフィスで、はたらく場にも“感じ良いくらし”。

事務所開設以来、増え続けたものや書類、新部署の設置によるスタッフ増加などでお困りだった、「株式会社京阪流通システムズ」。
はたらき方改革の一環として、フリーアドレス化に向けたレイアウト変更をすることに。無印良品の提案する”感じ良いくらし”に共感いただきました。

「整理整頓された執務スペースを確保したい」といったご要望をうけ、壁一面にユニットシェルフを設置しました。

設置したユニットシェルフには収納用品を使い、”美しくしまう”ことを実現。
あるべき場所と必要なものを明確にすることで、適切な量のものと情報が必要な時にすぐ取り出せるようになり、とても効率よくなりました。

「一坪カフェ」と名付けられた各フリースペースには、グリーンや軽食、雑誌などを置き、機能的に整理された空間に心地良さをプラスしました。
リラックスできる共有スペースがあることで、自然と人が集まりコミュニケーションが生まれるきっかけに。

執務スペースの奥にある、複合機前の収納ロッカーの上には、杉材の棚を設置。

プリントステーションの作業台として、井戸端会議のカウンターとして、ものや行為を一か所に集めることで、人が集まる仕組みをつくりました。

ミーティングスペースにも、日本の木でできたワークテーブルを採用。

シンプルなスチール脚はどんな空間にもなじみ、端材を活用した国産杉の天板は、ぬくもりを感じさせます。
人が集まる場所を心地良い空間に。

日本の木でできたユニットシェルフとワークデスク。そこにIDÉEの照明やグリーンなどで彩りを加えました。

今回のレイアウト変更は、経営トップの鶴の一声がきっかけで始まりました。

応接スペースには、お客さまが少しでもリラックスできるよう奥行がありゆったり座れるソファを設置。

食事や休憩をとるサロンスペースにも木製のテーブルで、オフィス内全体の雰囲気を統一。

空いているスペースに合わせてつくった、カフェテーブルとベンチを設置。

木のぬくもりを感じる入口を抜けると、壁にかけられたグリーンとアロマの香りがやさしく迎えてくれます。

担当インテリアアドバイザーから

お客さまからのご要望としては、はたらく環境を変えることで「とにかくものの量を減らし、空間も気持ち良い場所ではたらきたい」という事でした。人数も多く、はたらき方に多様性があるため「シンプルに、整然とした、誰もがつかいやすいオフィスにする必要がある」という共通認識で、プランを始めました。
プランニングではシェルフ・デスク・カウンターなど全ての家具を杉の家具に統一した事で、木の香りで癒しの空間にすることができました。フリースペースには共有の情報やお菓子を置くことで、自然と会話が生まれる場所に。天板にオイルを塗りこむ作業も一緒に行ったことで、愛着を持って使っていただけていると思います。ご依頼に対して提案をしたというより、より良いオフィスを作るために一緒に考えてつくるという感覚で進めることができ、担当としてもお客さまとしても楽しく仕事ができました。

お問い合わせ

受付時間: 月曜日~金曜日 10:00~17:00

お問い合わせフォーム

無印良品 銀座

法人担当

電話:03-5208-8252
FAX: 03-5208-8243
houjiny@muji.co.jp

無印良品 グランフロント大阪

法人担当

電話:06-6359-2171
FAX: 06-6359-2172
houjingo@muji.co.jp

無印良品 札幌ステラプレイス

法人担当

電話:011-209-5381
FAX: 011-209-7031
houjins@muji.co.jp

無印良品 名古屋名鉄百貨店

法人担当

電話:052-588-5860
FAX: 052-588-5866
houjinnm@muji.co.jp

無印良品 キャナルシティ博多

法人担当

電話:092-282-2711
FAX: 092-282-2717
houjinch@muji.co.jp

無印良品 広島パルコ

法人担当

電話:082-546-2261
FAX: 082-546-2264
houjinhr@muji.co.jp