株式会社内田洋行

業務範囲: 展示会コーディネートの相談

アートや照明、雑貨で空間を彩り“演出”する。

オフィス家具などの分野でいち早く国産材を使用しはじめた「株式会社内田洋行」。
より快適なオフィスづくりに取り組み、“人を中心にはたらく場をデザインする”という考えのもと、オフィスや施設などを対象に、オフィス家具の製造・販売、空間の設計・構築、働き方変革の支援をされています。

以前から、展示会や撮影の際の装飾品として、無印良品の生活雑貨を使用していただいており、今回はオフィス家具の新製品発表に合わせ開催される、「ウチダフェア」のスタイリングをお手伝いさせていただきました。

かたちや素材の異なるランプは色のトーンを揃えて。
高さはあえてそろえずに吊るし、心地よくなごむ空間に。

メインのオフィス家具とテイストを合わせ、シンプルだけどスタイリッシュな照明を採用。
3本それぞれ長さの異なるアームは、旋回させて照らす場所を調整できます。

北欧テイストのシーンと相性のよい、アルミニウム素材のレッドのランプで彩りをプラス。全体の雰囲気を明るく演出します。

ぬくもりを感じる木の素材をメインに設えられたオフィスシーン。
国産杉の端材でできた収納棚は、スペースや用途にあわせ、いろいろな組み合わせが可能です。

シンプルだけど洗練された小物で趣をプラスし、どんなシーンにもとけ込む無印良品の雑貨で自然な雰囲気を演出。

担当インテリアアドバイザーから

例年、内田洋行様では社内デザイナーを中心に、展示のプランニングをされていたのですが、はたらく場が多様化していく中で、本年度は例年とは違った見せ方、トライをされたいとのことで弊社へ空間スタイリングのお話しを頂きました。

各エリアごとにテーマ・使う人の設定をされてましたので、テーマに沿った演出と、どの空間にも人の気配が感じられるような、スタイリングを心がけました。
ただし、主役である新製品家具の存在感は保たれるよう、小物の物量を調整しながら、空間作りをいたしました。

来場者の方からは、「こんな雰囲気のオフィスで働きたい」とのお声も頂けたようですので、狙い通りスタイリングができたかと思います。