SOMPOケア株式会社

納品年月: 2019年5月

所在地: 東京都品川区

納品スペース: 約200坪

主な事業内容: 介護付きホーム・居宅サービス事業

業務範囲: リノベーション、オフィスレイアウト、整理収納

見える化したオフィス

今までのオフィスよりも居心地のよい、変化のある職場にしたいとのご要望で本社レイアウト変更のお声がけをいただきました。

一番のお悩みは会議室の使い方。
これまでは個室の会議室が多く、会議自体も長いという課題がありました。
また通常あまり使用されない50人用の会議室が6室もあり、有効化を検討されていました。
そこで少人数でも大人数でも対応できるよう、会議室をオープンにし、パーテーション代わりにホワイトボードを設置しました。

※ パーテーションは特注家具のため一般販売はしておりません。

収納が出来る立ちカウンターを設置。短時間で終わるミーティングに活用しているとの事です。

オフィスを1フロア分縮小することもあり、文房具などは共有。収納場所が削減され、空間の有効活用となりました。このような共有物の集約スペースを作ることで偶発的な会話のきっかけの場にもなっています。

しるしを付けることでどこに何を入れるかを明確にし、だれでも使いやすく、共有物を管理できるようにしています。

集中して仕事ができる、窓際にデスクを設置。

観葉植物とアロマディフューザーは癒し効果を発揮しているとの事で、はたらくスタッフの方からもご好評いただいております。

担当インテリアアドバイザーから

レイアウト変更から整理収納方法、会議室やパーテーションの使い方提案を依頼されました。特に会議が長いことや、効率よくスペースを利用できていない事がお悩みでした。
まずは複数ある会議室のレイアウトを変更し、開放感のある打ち合わせスペースに変更しました。また、立ちカウンターも設置することで会議時間の短縮、共有スペースは偶発的な会話を生むきっかけの場になりました。また、共有物を特定の場所に収納集約する事により、場所を有効活用でき、探す時間も減ります。この積み重ねにより、効率的な生産性を生めると考えています。そんなはたらく場づくりのお手伝いをしていきます。