MUJI HOTEL GINZA

納品年月: 2019年3月

所在地: 東京都中央区

業務範囲: 制服提案

日本の伝統着でもてなすホテル

フロント担当制服

フロントはホテルの顔でもあるため、無印良品らしく男女共に着こなしやすいベーシックな白いシャツと黒いパンツで、清潔感と働きやすさを兼ね備えた制服にしました。
また、海外からの旅行者が多く訪れる立地のため日本の伝統着である法被(はっぴ)を参考にした羽織で和の要素を取り入れました。

レストランホール担当制服

フロントと兼任することも想定されるとのことでしたので、汎用がきくようにベースのシャツとパンツはフロントと統一しています。
フロント同様に和の演出として前掛けは歩くと袴(はかま)のように見えるデザインのものを選びました。
※前掛けは他社取扱商品。

ハウスキーピング担当制服

作業がしやすく、洗濯してもへたりにくい、しっかりとした生地のTシャツと乾きやすいパンツにしています。
無印良品の定番であるボーダー柄のTシャツは作業着になりすぎず宿泊されるお客様への安心感にも繋がります。

担当スタイリングアドバイザーから

フロント、レストラン、バーにスタッフが行き来しやすいスタイルを運営上希望されていましたので、ベースとなる形を決めた後それぞれの場所に合ったアイテムを足し引きしました。
その際、和の雰囲気が伝わるようなアイテムを取り入れることでホテルのコンセプト、銀座という土地柄に合わせたスタイルとなりました。
また、「アンチゴージャス・アンチチープ」というホテルのコンセプトに合わせて、ちょうどよい価格で働きやすく、男女どちらが来ても感じよく着こなせる様、スタイリングしています。