無印良品

プロのハンドドリップを再現した
コーヒーメーカー

PLAY MOVIE

めざしたのは、プロが淹れる味と香り。
忙しい朝でも、コーヒー専門店で味わうような
1杯を楽しめます。

フラットカッターミル

平行に並んだ固定刃と回転刃が、豆を一粒ずつ挟んでゆっくりと挽きます。摩擦熱が少ないので、豆の香りを損ないません。

87℃の温度管理

抽出するお湯温度が高いと苦味が強く出やすいため、酸味と苦味など味のバランスと豆本来の香りを引き出すのに最適な「87℃」で温度を管理しています。

30秒間の蒸らし

豆の成分をしっかり抽出するのに必要な「蒸らし」の工程も、ハンドドリップと同じように行います。

斜めシャワーのドリップ

カップ数に応じた粉の量に合わせて、6つの穴から内側に向け斜めにお湯をシャワーします。これで、「蒸らし」で膨らんだコーヒードームの壁を崩さずに抽出を行います。

20分だけの保温機能

コーヒーは、長時間保温すると味が劣化してしまいます。挽きたての豆を丁寧にドリップしたコーヒーは冷めても美味しいですが、淹れたてを味わってもらいたいので、保温時間を短く設定しました。

便利なタイマー機能

コーヒー豆と水、紙フィルターをセットしておけば、設定した時間に動き出し、自動で淹れたてのコーヒーが楽しめます。

豆の挽き方は5段階

コーヒーは、豆の挽き加減によって味が変わります。粗挽きから細挽きまで5段階から選べるので、自分の好みと豆に合わせた挽き方を見つけてください。

選べる淹れ方

豆から挽いて淹れる方法の他に、粉から淹れる機能と豆を挽くだけの機能もついており、ミルとして使ってハンドドリップを楽しむこともできます。

豆から挽けるコーヒーメーカー

税込 32,000

全部おまかせのコーヒーメーカーで、
しっかりおいしく淹れるコツ

新鮮な豆を使う
美味しいコーヒーを淹れるための一番の条件は、豆の鮮度にかかっています。お店で購入した豆は、開封前でも出来るだけ早く使うこと、開封後はあまり酸素に触れないよう密閉して保管し、2週間以内ぐらいで使い切ることが理想です。
豆の量を計量する
コーヒーは豆とお湯の量によっても、抽出される味のバランスが変わってきます。付属の「計量カップ」を使うと、1~3杯分の豆の適量を量ることができます。また、湯沸し容器には目盛どおりの水量を入れてください。
豆にあった
挽き加減を見つける
コーヒー豆は種類、鮮度や焙煎などと組み合わせて、挽き方の粒度によっても味が大きく変わってきます。同じ豆でも挽き方をいくつか試して、お好みの味を見つけてください。「Cafe&Meal MUJIオリジナルブレンドコーヒー豆」はダイヤル3の「中挽き」が適しています。

Café&Meal MUJI
オリジナルブレンドコーヒー豆のご紹介

完熟果実だけを使った豆
本来「フルーツ」であるコーヒー豆。栽培・収穫方法が信頼できる農園で生産した、甘く完熟した果実から採れる豆だけを使ったアラビカ種100%のオリジナルブレンドです。
信頼できる3つの農園
地域社会、農園、自然環境を守りながらコーヒー栽培をしていることにこだわり、グアテマラ、タイ、コロンビアにある3つの農園を選びました。完熟果実だけを手摘みで収穫しています。
品質、鮮度をまもる輸送方法
ドライコンテナを使った一般的な輸送では、温度管理ができません。そこで、冷蔵機能付きの「リーファーコンテナ」を使って、輸送時の生豆の劣化を最小限に抑えました。日本到着後もすぐに小分けにし真空パッキングを行い、管理しています。

Café&Meal MUJI
オリジナルブレンドコーヒー豆
200g

税込 990

Café&Meal MUJIのお店でも

「Café&Meal MUJI オリジナルブレンドコーヒー豆」を使った挽きたて淹れたてのドリップコーヒーをCafé&Meal MUJI全店でお楽しみいただけます。各店舗では研修を重ね、専門知識を身につけたスタッフが丁寧に抽出を行っています。お食事やデザートと一緒に、淹れたてのドリップコーヒーをぜひお楽しみください。