[終了しました]【イオンモールKYOTO】当世日本茶湯見聞記「お茶ー私の形ー」

「まあー服どうぞ」と、差し出す形は皆、様々です。隅々まで掃き清められた四畳半の茶室で、風渡る川べりで、お酒を飲みながらキッチンで、それぞれ点てる一服、それ自体はどれも同じ一服です。おいしいと感じることもまた、様々。
子供はお茶の先生からより、友達に点ててもらうお茶を「おいしい!」と言ったりします。さかのぼれば、仏教と共に日本へもたらされた喫茶文化。仏に、客に、そして自分に。心のこもった一服は、おいしいお茶になるでしょう。おなたの一服は、どんな形でしょうか。それを今、自分にぴたりと具現する方法を探ります。

時間:
約90分間
定員:
各回5名様
参加費:
1000円
講師:
陶々舎
その他:
店内でのワークショップの後、菓子とお茶の一服がございます。
申込方法:
下記の応募フォームより、お申し込みください。
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきますのであらかじめご了承願います。
キャンセル:
キャンセルはMUJI passportメッセージ通知またはイベント登録完了メールより手続きをお願いします。

講師紹介

  • 陶々舎 紫野大徳寺の西にお茶数寄が住まう家がある。
    茶の湯集団「鴨ん会」の中山福太郎
    外国生まれ外国育ちの日本人、天江大陸
    是非みなさまに一服差し上げたいと思います。

    陶々舎
×
×