[終了しました]【有楽町】トークイベント 山口の豊かな自然の恵みを味わう〜地酒と肴のペアリング体験〜

三方を海に囲まれた山口県は、秋吉台という東洋最大のカルスト台地もかかえ、海の幸にも山の幸にもめぐまれています。

獺祭や東洋美人などを筆頭に、山口の地酒は全国でも広く愛されています。県内には30近くの酒蔵があり、いずれも水や米なども地産地消にこだわり、地元の食事にあうような日本酒を生み出してきました。
「山口の地酒」といっても、すっきりとした辛口からフルーティな味わいまで、様々な味わいのものがあります。酒米や酵母、水系の違いなどを学びながら、お好みの銘柄を見つけてみてはいかがでしょうか。

地酒とあわせてお楽しみ頂きたいのが、山口の海や山の幸。フグの女王「マフグ」の塩辛、平安時代から伝わる塩雲丹、ジビエのハムや夏みかんピールなど、山口の日本酒に合う地元のおつまみもお試し頂けます。

日本酒もおつまみも、全て「やまぐち食べる通信」編集長が地元で選りすぐった逸品。東京ではなかなか味わうことのできない、山口づくしのペアリングをお楽しみください。
(6種類の利き酒+地元のおつまみ試食付き)

開催場所:
無印良品有楽町 3F OpenMuji
参加対象:
20歳以上
参加費:
2000円
講師:
和田幸子/やまぐち食べる通信編集長
その他:
募集人員:各回25名 合計50名
※年令確認をさせて頂く事がございます。予めご了承ください。
申込方法:
下記の応募フォームより、お申し込みください。
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきますのであらかじめご了承願います。
キャンセル:
キャンセルはMUJI passportメッセージ通知またはイベント登録完了メールより手続きをお願いします。

講師紹介

  • 和田幸子/やまぐち食べる通信編集長 20年にわたり、複数の米系投資銀行東京支店で金融デリバティブの法務専門職として勤務。国際的な環境は海外旅行を身近にし、食やアートを中心に世界30カ国近くを旅行。2009年牛込神楽坂にオープンしたアニエス・レピスリーはキッチン付の食のセレクトショップ。食関連のワークショップを行う。2016年よりやまぐち食べる通信を発行。取材の他、料理レシピ、料理制作などを行う。JSAソムリエ。西洋美術鑑定のディプロマ取得。美術品の鑑定人のような食の目利きをめざし、山口県の食材の掘り起こしや蔵元めぐりを行っている。
    やまぐち食べる通信
×
×
Open MUJI

Open MUJI 有楽町

住所
東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町 1~3F
電話
03-5208-8241
営業時間
10:00~21:00