[終了しました]【有楽町】トークイベント ~房総の「美味しい」をつなぐ仕事とは~

2011年、里山里海の恵み豊かな房総・鴨川を拠点に、地元の食材、生産者の魅力を「食」を通じて発信、伝える目的で設立された「FUSABUSA」。
その活動は実店舗の「里海食堂」「ショップ&ギャラリー」のほか、オリジナルのグロサリーやスイーツの製造販売、ワークショップやイベントの開催、耕作放棄地を農地へと再生するプロジェクト「ふさぶさファーム」など多岐にわたります。
「全ての活動は房総の美味しいを伝える媒体」としての考えに基づき、様々な活動を行うFUSABUSAの仕事と役割について、
人気商品の「たまちちぷりん」「ブイヤベース」を具体的な事例として取り上げながら、生産者の方々にもご参加いただき、お話を伺います。

「たまちちぷりん」の材料に「牛乳」ではなく、しぼりたての「生乳」を使う意味。
「ブイヤベース」の地魚を安定供給できる「冷凍」「レトルト加工」ではなく、その日に水揚げされたばかりの新鮮な「生」の状態で「丸のまま」にこだわる理由。
その両方に共通するFUSABUSAの「この土地ならでは」の商品づくり。

産地の「美味しい」が果たす、地方と都会をつなぐ役割について。
作り手と伝え手の話を聞きながら、都会に暮らす方々も一緒に考えてみませんか。

時間:
約90分間
開催場所:
無印良品有楽町 3F OpenMuji
定員:
25
参加費:
500円
講師:
小野 薫(株式会社 ふさぶさ 取締役 ディレクター)
その他:
「たまちちぷりん」「ブイヤベース」のご試食のほか、販売及び通販の受注も行います。また、太田和牧場さんやいずみや鮮魚店さんの商品のご案内もさせていただきます。
申込方法:
下記の応募フォームより、お申し込みください。
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきますのであらかじめご了承願います。
キャンセル:
キャンセルはMUJI passportメッセージ通知またはイベント登録完了メールより手続きをお願いします。

講師紹介

  • 小野 薫(株式会社 ふさぶさ 取締役 ディレクター) 株式会社 ふさぶさ 取締役・ディレクター
    千葉県鴨川市出身。都内で食を専門とするPR会社を経営した後、故郷・房総の食の素晴らしさを伝える仕事をしたいと2011年鴨川にUターン。
    食堂カフェ「FUSABUSA」をオープン。
    現在は、食堂カフェにショップ&ギャラリーを併設した複合型店舗として運営。2017 年から実家が所有する里山の古民家に住み、代々受け継ぐ農地の再生をスタート。
    里山・里海の二拠点から房総の食の魅力を発信している
    fusabusa.jp
  • 太田和 誠(太田和牧場 ) 日本の酪農の発祥地、鴨川・嶺岡に隣接する牧場「太田和牧場」二代目。
    美味しい牛乳は牛の健康管理が大切」と一頭一頭に愛情を注ぎ、健やかな牛乳づくりを心掛ける。
    2008年から独学で自家製乳を原料としたチーズづくりを始め、2011年に「めえしばミルク工房」をオープン。
    生乳の生産のほか、チーズの製造販売にも力を注いでいる。
  • 原田 尚佳(いずみや鮮魚店) 千葉・鴨川の老舗鮮魚店「いずみや鮮魚店」の二代目 原田 裕光さんの長女として生まれる。
    大学卒業後、航空会社に客室乗務員として勤務。2014年に家業を受け継ぐために一念発起し、退職。
    父・裕光さんの指導のもと、鮮魚店の仕事を手伝い始める。
    現在では、地元の伊勢海老を材料とした江戸の伝統工芸「飾り伊勢海老」の製造も手掛け、代々続く鮮魚店に新たな風を吹き込んでいる。
×
×
Open MUJI

Open MUJI 有楽町

住所
東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町 1~3F
電話
03-5208-8241
営業時間
10:00~21:00