[終了しました]【MUJIキャナルシティ博多】『九州・沖縄の食べる通信/さいき・あまべ食べる通信食べる通信、高千穂郷食べる通信合同開催』まだまだ知らない「東九州の山と海の暮らし」

九州、その中でも「東九州」の農家の暮らしや、海の漁業者や水産加工業者がどんな思いでものづくりをしているのか、生業に携わっているかを知る機会が中々ありません。今回は生産者と消費者をつなぐ「食べる通信」の活動を通じ、水産業が盛んな大分県佐伯市の「さいきあまべ食べる通信」から蒲江に浮かぶ屋形島から鮮やかで旨みが凝縮した「緋扇貝」を育てる後藤ご夫婦に島での生活のこと、緋扇貝養殖の苦労などを、九州随一の秘境と呼ばれる宮崎県高千穂町の「高千穂郷食べる通信」からは棚田を守る農家の福嶋さんに高千穂の暮らしや営み、それに根付く農業や文化についてお話して頂きます。試食おみやげ付。

時間:
約120分間
開催場所:
MUJIキャナルシティ博多 4F
参加費:
1000円
講師:
後藤 猛、知里(後藤緋扇貝)
申込方法:
下記の応募フォームより、お申し込みください。
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきますのであらかじめご了承願います。
キャンセル:
キャンセルはMUJI passportメッセージ通知またはイベント登録完了メールより手続きをお願いします。

講師紹介

  • 後藤 猛、知里(後藤緋扇貝)
  • 福嶋 信二(高千穂米農家)
  • 平川摂(さいき・あまべ食べる通信)
  • 佐藤翔平(高千穂郷食べる通信)
×
×
Open MUJI

Open MUJI キャナルシティ博多

住所
福岡県福岡市博多区住吉1-2-1 ノースビル 4F
電話
092-282-2711
営業時間
10:00~21:00