[終了しました]【MUJI キャナルシティ博多】『二十一世紀民藝』刊行記念  赤木明登さんトークイベント

『二十一世紀民藝』(美術出版社)の発売を記念して、著者の赤木明登さんをお招きするトークイベントです。参加費は無料です。
赤木明登さんは、輪島塗りの職人になる前、大学では哲学を専攻し、都内の出版社勤務を経て、1988年に能登に移り住んだ異色の塗師(ぬし)です。
見た目のオリジナリティを求めず、素材やかたちの本来を探求し、いまのくらしに合ったふだん使いの「ぬりもの」をつくり続けてきた四半世紀は、「美しいものとは何か」を問いつづける職人史でもありました。
赤木明登さんの実践と思索の日々に迫る長編エッセイ『二十一世紀民藝』の刊行を記念して、ソロトークとゲスト対談の2部構成で、日本古来の伝統技術にたずさわってる赤木さんと工藝風向代表・髙木崇雄さんをお招きして、日本のものづくりの美しさに迫ります。

《 赤木明登さんからのメッセージ 》
一九七七年に日本の職人仕事を見てまわったレヴィ=ストロースは、その特殊性について問われて、次のように答えている。
「西洋においては、労働とは人間が神との接触を失ったために額に汗して自らのパンを稼がねばならぬという一種の『罰』なのです。
ところが日本では逆に、労働を通じて神との接触が成り立ち、維持され、保ちつづけられる」と。だから日本はスゴイということではなく、きっと西洋の工人たちもかつては労働に神との出会いを見出していたはず。
ただ器をつくる工人が、どのようにして「神」と出会うのか。
そしてその「神」とは何者なのか。「美しいもの」がやって来る道を辿りながら考えてみる。
̶̶̶̶̶̶赤木明登

時間:
約90分間
開催場所:
MUJIキャナルシティ博多OpenMUJI
講師:
赤木明登(あかぎ・あきと)
その他:
当日、書籍も購入頂けます。
【書籍情報】
『二十一世紀民藝』
著者:赤木明登
仕様:A5 判、248 ページ
定価:2,400 円+税
出版社:美術出版社
刊行日:2018年3月
申込方法:
下記の応募フォームより、お申し込みください。
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきますのであらかじめご了承願います。
キャンセル:
キャンセルはMUJI passportメッセージ通知またはイベント登録完了メールより手続きをお願いします。

講師紹介

  • 赤木明登(あかぎ・あきと) 塗師。1962年岡山生まれ。中央大学文学部哲学科卒業、編集者を経て、1988年に輪島へ。輪島塗の下地職人・岡本進のもとで修行。一九九四年に独立。現代の暮らしに息づく生活漆器=「ぬりもの」の世界を切り開く。1997年にドイツ国立美術館「日本の現代塗り物十二人」展、2000年に東京国立近代美術館「うつわをみる 暮らしに息づく工芸」展、2010年に岡山県立美術館「岡山 美の回廊」展、2012年にオーストリア国立応用美術博物館「もの 質実と簡素」展に招待出品。著書に『漆 塗師物語』〈文藝春秋〉、『美しいもの』『美しいこと』『名前のない道』〈ともに新潮社〉、最新刊に『二十一世紀民藝』〈美術出版社〉。共著に『茶の箱』〈ラトルズ〉、『毎日つかう漆のうつわ』〈新潮社〉、「形の素」〈美術出版社〉、「うつわを巡る旅」(講談社)など。各地で個展を開くほか、「ぬりもの」を常設展示しているお店が全国にあります。詳細はホームページでご確認ください。
    赤木明登さんHP
  • 髙木崇雄(たかき・たかお) 工藝店「工藝風向(ふうこう)」代表。
    1974年高知生まれ、福岡育ち。京都大学経済学部卒業。2004年に「工藝風向」設立。柳宗悦と民藝運動を対象として近代工藝史を研究し、九州大学大学院・芸術工学府博士課程単位取得退学。日本民藝協会常任理事、新潮社「青花の会」編集委員。”d design travel(D&Department発行)”誌にて「各県の”民藝”」を連載中。
    工藝風向FOUCAULT
×
×
Open MUJI

Open MUJI キャナルシティ博多

住所
福岡県福岡市博多区住吉1-2-1 ノースビル 4F
電話
092-282-2711
営業時間
10:00~21:00

開催予定のイベント