[終了しました]【イオンモール堺北花田】素朴なしめ縄づくり

来年の干支「亥」に見立てたしめ縄飾りをつくります。
講師にお招きするのは、羽曳野市にある古道具と小庭のお店、「桜花園」の菊田祥子さん。
“モノの終わりをもう一歩先に”。ワークショップの材料は一度役目を終えたモノ、今回は畳屋さんが表替えする際に生まれる端材を使用します。ポイントに使う紅白の布は、「桜花園」が旧家へ古道具を引き取りに行った際に出会った、冠婚葬祭用の縁起物。
そんな物語が詰まった材料で、畳の心地良い香りに包まれながら、新しい年を迎える為のしめ縄づくりを楽しみましょう。

時間:
約120分間
開催場所:
無印良品 イオンモール堺北花田 Open MUJI
参加対象:
18歳以上
定員:
6名様
参加費:
3000円
講師:
桜花園 菊田祥子さん
その他:
・桜花園さんに長年にわたって畳表の端材を提供されてきた「畳のあさか」さん(堺市堺区)に協力いただいております。

・当日は汚れても良い服装でお越しください。
・地べたに座り込んで作業します。ストッキング・タイツ・スカート・ガウチョパンツはお控えください。
・霧吹きを使用します。足拭きタオル、替えの靴下を持参ください。
・いずれもお忘れになりますと非常に制作しにくい為、お忘れ物のないようお願いいたします。
・当日のキャンセル、無断でのキャンセルは遠慮くださいませ。
・MUJI passportアプリ配信用にイベントの様子を撮影させていただきます。予めご了承ください。
申込方法:
下記の応募フォームより、お申し込みください。
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきますのであらかじめご了承願います。
キャンセル:
キャンセルはMUJI passportメッセージ通知またはイベント登録完了メールより手続きをお願いします。

講師紹介

  • 桜花園 菊田 祥子さん 大阪・羽曳野で古道具と小庭の店で庭部門を担当しております。「素朴なしめ縄づくり」ワークショップは今年で8年目を迎えます。庭づくりの傍ら、モノの終わりを一歩先へ伸ばす!ワークショップを企画/実施しております。
    桜花園 HP
  • 畳のあさか 代表 水原 俊昌さん 今回、使用する畳表の端材を提供いただいた畳店さまです。
    大阪府堺市「畳のあさか」では、高品質な畳の製造・販売を行っております。熊本産の上質な「いぐさ」を用いた畳は、いい香りで「ほっ」とくつろげる空間を創りだしてくれます。「畳のあさか」ではお客さまの要望に合わせた様々な畳を用意いたしております。
    畳のあさか HP

無印良品15店舗開催「全国各地で育てられた稲わらでつくる、しめ飾り」

日本人の主食であるお米は、四季の恵みをうけ、作られています。
そのお米は食すことに留まらず、収穫された稲わらは、様々な形で使われてきました。今ではほとんど見られなくなりましたが、わらは、暮らしの必需品である様々な道具に、また藁灰(わらばい)は畑の肥料や洗濯洗剤として余すことなく使われて、最後は土に還る循環が形成されていました。
無印良品では伝統あるしめ縄づくりを大切にしたいと考えています。
“無駄なく最後まで使い、遂には自然に還る。”
お正月が迫った年の瀬に、この秋収穫された稲わらを使い、しめ飾りをつくり、新たな年を迎える準備をしませんか。

×
×