[終了しました]【MUJI キャナルシティ博多】高千穂郷食べる通信Presents 高千穂の夜神楽から学ぶ世界農業「高千穂郷椎葉山」の暮らし

九州の中央、神々の里として知られる高千穂。2015年には国連から世界農業遺産に周辺4町村と共に認定され、世界から認められた農業や文化が根付く地域です。アクセスが悪くなかなか立ち寄ることのできない、まさに秘境の地「高千穂」の物語をお伝えします。
高千穂町を語る上で外すことのできない「夜神楽」や、それと深く関係ある伝統的な農業に触れると、きっとあなたもこの秘境を訪れたくなるはず。「神楽の舞手」であり、「高千穂郷食べる通信」の編集長でもある佐藤さんをゲストにお迎えし、高千穂の暮らし・営み・文化についてお話ししていただきます。
当日は、高千穂町の農業にフォーカスした映画も上映します。
高千穂のお米のお土産や、試食もご用意します。現地の空気感をたっぷりと味わって頂けるイベントです。

時間:
約90分間
開催場所:
4階 open MUJI
定員:
15名
参加費:
500円
講師:
佐藤 翔平(高千穂郷食べる通信編集部)
申込方法:
下記の応募フォームより、お申し込みください。
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきますのであらかじめご了承願います。
キャンセル:
キャンセルはMUJI passportメッセージ通知またはイベント登録完了メールより手続きをお願いします。

講師紹介

  • 佐藤 翔平(高千穂郷食べる通信編集部) 宮崎県高千穂町出身。27歳。B型。中学では人数合わせの生徒会選挙で2度落選する陰キャラ学生だったが、大人になるにつれ社会を経験し自分で道を切り開く方法を身につけ、23歳で高千穂町役場入庁、26歳でNPO法人高千穂アカデミーを創業、高千穂郷食べる通信創刊。27歳で高千穂町役場を退職し独立。好きな食べものは担々麺。神楽は人生の道標。
×
×
Open MUJI

Open MUJI キャナルシティ博多

住所
福岡県福岡市博多区住吉1-2-1 ノースビル 4F
電話
092-282-2711
営業時間
10:00~21:00