【仙台ロフト】宮城県栗原市「有機の田んぼで田植え」

栗原市(宮城県)は、伊達藩の穀倉地帯として稲作が盛んな地域です。広大で平らな田んぼが多い一方で、山間にまで水田が耕され、谷地田(やつだ・やちだ)とよばれる田んぼが数多くあります。
今回は、有機栽培に取り組む栗原市有機の会の齋藤政憲さんの田んぼで、昔ながらの手作業でぬかるみに足を取られながらの田植えを体験します。
生きもの博士と一緒に田んぼの生き物を観察したり、栗原産有機米と地元食BBQの昼食を食べたりもできるイベントです。
《主催》無印良品仙台ロフト
《共催》一般社団法人くりはらツーリズムネットワーク
《協力》栗原市有機の会、高橋下資源環境を守る会、 むかい*いきもの研究所、 くりはらファーマーズプロジェクト

時間:
約4時間
開催場所:
宮城県栗原市
参加費:
税込2,000円、小学生以下500円
(傷害保険料 含む)
・お子さまも参加登録を必ずお願します。
・お子さまのみのご参加はご遠慮ください。
・お子さまの同伴で見学される方も参加費が必要です。
講師:
栗原市有機の会 齋藤 政憲
(田んぼ提供・農作業の指導)
その他:
・中学生以下は保護者の同伴が必要です
・お申込時、当日ご連絡のつく連絡先をご登録ください。準備の関係上、5月28日(火)までにご登録をお願いします。また、5月30日(木)以降のキャンセルはご遠慮願います。
お問合わせ先:無印良品仙台ロフト
       022-711-6202
・当日のスケジュールや注意事項は下記をご参照ください。

持ち物:   長めの長靴(裸足での作業も可)、帽子、タオル、
       着替え、レインウェア(雨天時用)、飲み物
集合場所:  高橋下集会所(高橋下ふれあいセンター)
       〒987-2319栗原市一迫字宮前45番地3
※バスでお越しの方は、「一迫公民館」にて集合の後、高橋下集会所へ移動(一迫公民館:〒987-2308 栗原市一迫真坂清水田河前5)

申込方法:
下記の応募フォームより、お申し込みください。
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきますのであらかじめご了承願います。
キャンセル:
キャンセルはMUJI passportメッセージ通知またはイベント登録完了メールより手続きをお願いします。
  • 開催日時 : 2019年6月1日(土)10:00 ~ 14:00
  • 残り : 15席

講師紹介

  • 栗原市有機の会 齋藤 政憲 氏(田んぼ提供・農作業の指導) 約40年前から有機農業に取り組む齋藤政憲さん。有機JAS認定を受けた田んぼは、自ら「桃源郷」とよぶ。
    他の田んぼもすべて有機JAS認定と同様の自然農法で耕作している。齋藤さんの田んぼは、米という食糧生産の場としてだけではなく、微生物や虫、動植物にとってもより良い自然環境です。安心して、田んぼに足を踏み入れることができます。人と地域のつながりを含めて、里山全体のバランスを維持しながら有機農業を続けていくことが齋藤さんの目標です。
  • 向井 康夫 1976年大阪生まれ
    大阪府立大学大学院 農学生命科学研究科 修了(農学博士)
    水田の水生動物の多様性に関する研究の職を経て、現在、自然体験を通じて、多くの方に自然を楽しみながら、自然の奥深さに触れていただき、自然への興味を持っていただくことを目的として、「むかい*いきもの研究所」を営んでいる。
    著書:『絵解きで調べる田んぼの生きもの』(発行:文一総合出版)
    ホームページ
  • スケジュール ・09:40~ 受付開始・移動(高橋下集会所) 
    ・10:30~12:30 田植え体験・生き物観察(火の沢田んぼ)
    ・12:30~13:00 移動(火の沢田んぼ→高橋下集会所)
    ・13:00~13:50 昼食(高橋下集会所) 高橋下資源環境を守る会・くりはらファーマーズプロジェクトBBQ
    ・13:50~14:00 解散
  • 注意事項 ・怪我のないよう充分ご注意ください。また、熊や他の野生動物、ハチや蚊、アブなどの虫や蛇と遭遇する場合があります。安全対策は講じますが、心配な方は参加を見合わせてください。
    ・食事はアレルギー等になるべく配慮しますが、小さいお子さまの食事が必要な場合は、各自でご持参ください。
    ・雨天決行(悪天候の場合は田植えは中止)。雨天時は田んぼ見学と「ミニしめ縄」体験を実施します。
    ・20名に満たない場合はイベント中止とします。その場合、5/31(金)中にその旨をご連絡します。
    ・応募者の方には、店舗より参加内訳と交通手段の確認のお電話をします。
    ・屋外作業のため、水分や日焼け対策をおすすめします。
×
×