[終了しました]【銀座】和漢植物のブレンドティーをつくるワークショップ

自分らしく、感じ良い暮らしをデザインするために役立つ漢方の知恵を学び、季節に合わせた和漢植物を使ってブレンドティーをつくるワークショップです。
今回は、梅雨時のむくみやすい時期、水分を排出するような食材として、「ハトムギ」「ドクダミ」「みかんの皮」などを使ってつくります。

時間:
約90分間
開催場所:
無印良品 銀座 6F ATELIER MUJI GINZA Lounge
定員:
15名
参加費:
3000円
講師:
杉本 格朗(杉本薬局)
申込方法:
下記の応募フォームより、お申し込みください。
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきますのであらかじめご了承願います。
キャンセル:
キャンセルはMUJI passportメッセージ通知またはイベント登録完了メールより手続きをお願いします。

講師紹介

  • 杉本 格朗(杉本薬局) 1982 年生まれ。1950 年創業の杉本薬局(鎌倉市大船)の3代目。
    大学ではテキスタイルデザインや現代アートを学び、2008年に実家の薬局に入る。古典的なイメージの漢方をもっと身近に感じてもらおうと、坂本龍一氏主宰のイベント「健康音楽」や「湘南蔦屋書店」、「逗子海岸映画祭」などで和漢植物を使ったオリジナルのお茶や薬膳酒のワークショップやイベントを展開。海外にも日本の漢方を広めるべく、JAPAN HOUSEやThe Japan Foundationなど、イギリス、フランス、イタリアでもワークショップや講演を開催している。また、「かまくら晴々堂」や「EN TEA」、「eatrip」との商品開発にも携わる。アーティストとコラボして、生薬を生かした染物や書などを制作するなど、幅広く活動している。そのほか、製薬会社の商品開発にも携わっている。
    著書「鎌倉・大船の老舗薬局が教えるこころ漢方」
×
×