[終了しました]【MUJIcom 武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパス】みんなでつくるMUJIcom武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパス「お店のウッドデッキに置く家具を一緒につくろう」

7月18日にMUJIcom武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパスがオープンします。みなさんもお店づくりに参加してみませんか。お店の外にはウッドデッキがあり、みんなの集いの場としてご利用いただけます。そこに設置するイスやテーブルを皆さんと一緒につくります。
このワークショップでは杉の板をノコギリで切り、金づちで釘を打ち、ネジを回し、塗料を塗ります。道具の使い方や木の性質、木を巡る山とまちの循環などを家具づくりを通じて体感していただけます。
出来上がった家具はお持ち帰りすることはできませんが、お店づくりにご協力いただける方には、ささやかですが昼食をご用意しております。
地域に末永く愛されるMUJIcomのお店をみんなでつくっていきましょう。ご参加お待ちしております。

時間:
約5時間(お昼休憩あり・ごはん付き)
開催場所:
MUJIcom武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパス前デッキ部分
参加対象:
6歳以上
定員:
各回10名
参加費:
無料
講師:
賀來 寿史
その他:
《作成内容》
テーブル4台 イス16脚
※完成した家具は、お持ち帰りいただけません。
《スケジュール》
10:00〜12:00 お昼休憩 13:00〜15:00
《キャンセル》
キャンセルはMUJI passportメッセージ通知またはイベント登録完了メールより手続きをお願いします。

・受付はお店の入り口前で行います。開始時間の15分前から案内します。
・12歳以下の方は、保護者同伴でご参加ください。
・動きやすく、汚れてもいい服装でお越しください。
・長時間のため、1時間の休憩を設けています。
・オープン前につき店内での買い物は出来ません。
申込方法:
下記の応募フォームより、お申し込みください。
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきますのであらかじめご了承願います。
キャンセル:
キャンセルはMUJI passportメッセージ通知またはイベント登録完了メールより手続きをお願いします。

講師紹介

  • 賀來 寿史 木工家。1999年より、木の工房KAKUとして活動開始。オーダー家具の制作を通じて身につけた木工の技術や知識をもって、人と木、モノとコト、山とまちをつなぐ、伝える活動をしている。

  • 宮川 多恵 1975年東京生まれ。阿佐ヶ谷美術専門学校卒業。北海道愛が高じて移住後、2012年に和信化学工業株式会社入社。2015年北海道認定の木育マイスターを取得し、塗装によるワークショップを展開する。2014年に札幌大通公園ベンチ塗装プロジェクト<SWR>を立ち上げ、道内各地の木工物保存塗装活動を継続中。





×
×