[終了しました]【MUJIcom 武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパス】8月25日(日)開催分「fishinGood さかなつり体験」

釣り堀の町・市ヶ谷で、海のいきものを釣り上げてみませんか。個性豊かな魚たちをつくるのは「十人十色」をテーマに、さまざまなものづくりをしごとにしている福祉施設・TENTONE。ひとつひとつ手作業でつくられた木の魚を、キーホルダーに加工することもできます。(金具代別)ぜひ腰に釣果をぶら下げて帰りましょう。
他にも施設でつくられる手漉きのリサイクルペーパー「NOZOMI PAPER®」や特別なマイバック など「福祉の手しごと」をテーマにセレクトされた商品の販売も予定しています。

時間:
約1時間
開催場所:
店内comStusio
参加対象:
3歳以上
定員:
各回5名
参加費:
500円
講師:
HUMORABO
その他:
「福祉の手しごと」をテーマにセレクトされた、福祉施設で作られた商品の販売も予定しています。
社内共有用、MUJI PASSPORTでのイベントレポート用に写真を撮影させていただきますのでご了承くださいませ。
申込方法:
下記の応募フォームより、お申し込みください。
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきますのであらかじめご了承願います。
キャンセル:
キャンセルはMUJI passportメッセージ通知またはイベント登録完了メールより手続きをお願いします。

講師紹介

  • HUMORABO 前川雄一(mu)、亜希子(ma)によるデザインユニット。「 福祉とあそぶ 」をテーマに、デザイナー夫婦ならではの二つの視点で、社会と福祉の楽しく新しい関係を探っています。障害のある人が関わる商品を集めたショップ「HUMORA」のディレクション、福祉施設でつくられる手漉きのリサイクルペーパー「 NOZOMI PAPER® 」、珈琲×活版×福祉をテーマに異分野三者によるプロジェクト「 COFFEE PAPER PRESS 」など、社会課題と楽しく向き合う実験的な活動を続けています。

    http://www.humorabo.com

×
×