【銀座】ATELIER MUJI GINZA トーク&懇親会「Plastic Whaleについて語ろう」(会場:オランダ王国大使館)

「オランダ王国大使館で開催」世界初のプラスチックフィッシング会社Plastic Whaleを起業したきっかけやその活動について、創設者のマリウス・スミット氏が語ります。トーク終了後は懇親会を開催いたします。(日英逐次通訳付き)
協力:オランダ王国大使館

時間:
約2時間30分
開催場所:
オランダ王国大使館 出島ラウンジ
〒105-0011 東京都港区芝公園3-6-3 ※本展の展示会場ではございませんので、ご注意ください。
アクセス:マップ
定員:
50名(要事前予約)
講師:
マリウス・スミット(Plastic Whale/Circular Furniture 創設者)
その他:
・当日は、オランダ王国大使館に直接お越しください。
・当日は、身分証明書(保険証、免許証またはパスポート)をお持ちください。大使館への入館の際に必要となります。
・受付は30分前より開始いたします。
・駐車場はございませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。
・大使館内は禁煙となります。
・お問い合わせはinfo@ateliermuji.jpまでご連絡ください。
・当日のキャンセルは必ず店舗(03-3538-1311)までご連絡ください。
・イベントの様子をスタッフが撮影します。店舗ブログ、社内資料に使用させていただきます。
《関連展覧会》
ATEIER MUJI GINZA 「廃業を目指すデザイン」展
申込方法:
下記の応募フォームより、お申し込みください。
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきますのであらかじめご了承願います。
キャンセル:
キャンセルはMUJI passportメッセージ通知またはイベント登録完了メールより手続きをお願いします。
  • 開催日時 : 2019年9月30日(月)18:30 ~ 21:00

講師紹介

  • マリウス・スミット(Plastic Whale/Circular Furniture 創設者) Plastic Whale/Circular Furniture(プラスチックホエール・同サーキュラーファニチャー)創設者。 世界数都市にて国際経済を学び販売戦略に従事した後、1年の長期休暇中の旅行中にプラスチックスープ問題に直面。アムステルダム帰着後、その解決に尽力し始める。プラスチック廃材からボートをつくる挑戦(2011年〜)は社会的企業の形で急成長し、賛同する世界多数の企業・個人が活動に参加。信念の「行動の力」に基づく物語は、世界の聴衆にひらめきを与えている。
×
×