[終了しました]【MUJIcom 武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパス】木になる展 オープンニングトーク 消費者から共創者へ

「木になる展」は、身近な素材である地域の木から始まり、ものづくりを通じて、人がつながる喜び・意味を提案します。本展を主催しているコイヤ評議会事務局石田氏、武蔵野美術大学 教授若杉氏、良品計画デザイナー小山氏が日本各地の木や森のこと、そしてものづくりについてお話しします。

時間:
約90分間
開催場所:
店内カフェスペース
定員:
40名
講師:
若杉 浩一
その他:
イベントの様子をスタッフが撮影する場合があります。予めご了承願います。差支えのある方は当日スタッフまでお知らせください。
申込方法:
下記の応募フォームより、お申し込みください。
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきますのであらかじめご了承願います。
キャンセル:
キャンセルはMUJI passportメッセージ通知またはイベント登録完了メールより手続きをお願いします。

講師紹介

  • 若杉 浩一 プロダクトデザイナー・武蔵野美術大学造形構想学部 教授
    1959 年熊本県生まれ。九州芸術工科大学芸術工学部工業設計学科卒業。1984 年株式会社内田洋行入社。2013〜2019 年3月まで内田洋行の子会社・パワープレイス株式会社に勤務。2019年 4月より現職。東京藝術大学非常勤講師、九州大学客員教授のほか、日本全国スギダラケ倶楽部副会長、コイヤ協議会発起人もつとめる。
  • 石田 達也 宮崎県宮崎市出身、在住。米国バージニア州オールド・ドミニオン大学留学後、自宅で英会話教室を主宰、さらに宮崎市内で喫茶店を開業。1995年に「宮崎映画祭」を開催したのを機に2000年10月にNPO法人「宮崎文化本舗」を設立。九州、日本、アジア、アメリカに広がるボランティアのネットワーク構築や、芸術文化のまちづくりによる地方創生・コミュニティの活性化、地域資源を活かした地域継続事業付加価値ビジネスづくりに取組んでいる。
    http://www.bunkahonpo.or.jp/
  • 小山 裕介 京都生まれ。武蔵野美術大学卒業後、玩具メーカーにて商品企画、デザイン業務を経て 2007年に良品計画へ入社。主に無印良品の家具や子供用品の商品企画、デザインを担当。2014年からプロダクトデザイナーの白鳥裕之氏と組んでtorinokoとして活動を開始。ドイツIF賞、Gマーク受賞。
    https://www.torinoko.net/
×
×