[終了しました]【MUJIcom 武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパス】杉とノコギリで「積み重ねられる本棚」をつくろう

話題のDIY書籍「杉でつくる家具」に連動した、木工ワークショップです。安定性が高く、ブロックのように積み重ねて収納量を増やせる便利な本棚を2組つくることができます。
杉の板を使うので軽くて丈夫、子供部屋にもぴったりです。ノコギリは「まっすぐ切るのが難しい」という印象があるかもしれませんが、本講座を体験したら杉の板をサクサク、楽しく切れるようになります。
手工具の基本的な使い方と寸法の写し方(墨付け)を学んだ後、ノコギリで材料をカットし、木ネジと手回しドライバーを使って組み立てます。

時間:
約3時間30分
開催場所:
店内comstudio
参加対象:
13歳以上
定員:
4名
参加費:
7700円
講師:
大沼 勇樹(おおぬま・ゆうき)
その他:
・中学生以上から参加できます。(要保護者同伴)
・当日は店内入口入って左側のカウンターまでお越しいただくかお近くのスタッフまでお申し付けください。(セルフレジでは受付できませんのでご了承ください)
・イベントの様子をスタッフが撮影することがあります。予めご了承願います。差支えのある方はイベント当日スタッフまでお知らせください。
申込方法:
下記の応募フォームより、お申し込みください。
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきますのであらかじめご了承願います。
キャンセル:
キャンセルはMUJI passportメッセージ通知またはイベント登録完了メールより手続きをお願いします。

講師紹介

  • 大沼勇樹(おおぬま・ゆうき) 1987年山形県生まれ。木工デザイナー、埼玉県産業技術総合センター非常勤職員。千葉大学工学部デザイン工学科(現デザイン学科)卒業。東京都立城南職業能力開発センター・木工技術科で家具製作を学ぶ。2013年に「使い手とともにつくる」をテーマにしたオーダー家具ブランド「gyutto design」(ギュットデザイン)を設立。現在は、埼玉県内の中小企業のデザイン振興と製品開発支援を行う一方、一般ユーザーに工作の楽しさを伝える活動を続けている。『杉でつくる家具』では作品製作・工程解説・撮影を担当。
    https://gyuttodesign.jimdo.com/
×
×