[終了しました]【MUJIcom 武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパス】「木になる展」トークイベント「キッチンのことをキチンと考える」

我々を取り巻く環境、特に食生活はここ数年で劇的に変化しました。しかし日本のキッチンはその変化にまだまだ旧態依然としたままです。これからのキッチンはどうしたらいいのか、どう考えるべきなのか。これまで800件以上のオーダーキッチン、メーカーキッチンをデザイン・設計してきたキッチンデザイナーが、キッチン選びやシステムキッチンの現状、問題点、可能性、解決策などを話します。
「木になる展」でも展示しているコイヤキッチンのコンセプトや今後の展開もお話しします。
もしご自宅のキッチンつくりでお悩みの方は図面を持って来ていただければ、即日相談会(先着1〜2組ほど)も可能です。

時間:
約60分間
開催場所:
店内カフェスペース
定員:
30名
講師:
和田 浩一 (STUDIO KAZ)
その他:
・SNS及び社内資料用に写真撮影をします。予めご了承願います。
・イベントの進行具合によって時間が前後する場合があります。
・コンテンツ内容は予告なしに変更になることがあります。
申込方法:
下記の応募フォームより、お申し込みください。
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきますのであらかじめご了承願います。
キャンセル:
キャンセルはMUJI passportメッセージ通知またはイベント登録完了メールより手続きをお願いします。

講師紹介

  • 和田 浩一 (STUDIO KAZ) 1965年福岡県生まれ。オーダーキッチンのエキスパートとして、空間デザイン、キッチンデザイン、プロダクトデザインやグラフィックデザインなどに携わる。著作に、『キッチンをつくる―KITCHENING』(彰国社)他。
×
×