[終了しました]MUJI キャナルシティ博多ワークショップ「ボールペンで描く遊ぶ」

篠崎さんの描く作品や描くコツを知り、ポストカードサイズの紙に一つのモチーフを線画で描くワークショップです。無印良品のボールペンを使用して、絵を描く楽しさを体験してみませんか?
描いた作品はお持ち帰りいただけます。

時間:
約60分間
開催場所:
MUJI キャナルシティ博多 4F Open MUJI
講師:
篠崎 理一郎(ボールペン画家・イラストレーター)
参加対象:
特になし
定員:
各回10名様(合計20名様)
申込方法:
下記の応募フォームより、お申し込みください。
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきますのであらかじめご了承願います。
キャンセル:
キャンセルはMUJI passportメッセージ通知またはイベント登録完了メールより手続きをお願いします。
ライブドローイング:線で描く「じぶん都市」をつくろう

鹿児島を拠点に活動され、日常生活の中で目に映った風景や自身の記憶の断片を紙にボールペンで描き続ける篠崎 理一郎さん。今回は篠崎さんの作品展示と無印良品のペンを使ってのライブドローイングを行います。同じ空間で無印良品のペンを使って、絵を描く楽しさを体験してみませんか?
期間中、自由にご参加いただけます。

期間:2017年1月16日(月)~1月22日(日)
場所:MUJIキャナルシティ博多 4F
参加費:無料
展示時間:10:00~21:00(※22日(日)は20:00まで)
ライブドローイング開催時間:11:00~21:00(※22日(日)は15:00~20:00まで)

講師紹介

  • 篠崎 理一郎(Shinozaki Riichirou)1989年鹿児島生まれ。鹿児島在住。ボールペン画家・イラストレーター。
    黒を基調としたストレートな線で、建造物や人物など多岐のモチーフを描く。
    これまでにNY発ブランド「Manhattan Portage」のメッセンジャーバックとコラボレーション、「URBAN RESEARCH DOORS」のTシャツ・トートバックデザイン、ハートランドビール「SLICE OF HEARTAND」広告イラストに起用される。
    近年は国内外での作品展示や公開制作ほか、書籍挿絵、建築家や様々なミュージシャンとセッションしたライブドローイングを手掛ける。
    [関連サイト]
    篠崎 理一郎HP
×
×
Open MUJI

Open MUJI キャナルシティ博多

住所
福岡県福岡市博多区住吉1-2-1 ノースビル 4F
電話
092-282-2711
営業時間
10:00~21:00

開催予定のイベント