無印良品 有楽町 ATELIER MUJI「無印良品と明和電機をくらべた展 ナンセンス計測のこころみ」

2017年6月30日(金)~8月27日(日)※店舗休館の場合は、それに準じます。

朝起きてから寝るまで、私たちはたくさんの道具を使って暮らしています。一体だれがどうやって考え、どのようにつくり、そしてどんな人が使うのでしょう。本展では、この素朴な疑問を、無印良品とアートユニット明和電機が作った道具をくらべることで、来場者のみなさんと考えてみようと思います。ふだん、見過ごしている何の変哲もないことに、実はものすごいことが潜んでいるのかもしれません。そしてそれに気がついた時、ちょっと面白い世界が、みなさんを待っているのです。

From the time we wake up to the time we go to sleep, our everyday lives are surrounded by many kinds of things. Let us pose these questions: how were they invented, made and who uses them? In this exhibition, we would like to think about these fundamental questions with you by comparing MUJI products with ones made by the art unit MAYWA DENKI. Something surprisingly meaningful can lie behind the things which have become too familiar to be recognized in our everyday lives. We believe that there is a more interesting world waiting for you.

開催日:
2017年6月30日(金)~8月27日(日)※店舗休館の場合は、それに準じます。
開催時間:
10:00~21:00
開催場所:
無印良品 有楽町 2F ATELIER MUJI
参加費:
無料
主催:
無印良品
企画・運営:
株式会社良品計画 生活雑貨部企画デザイン室・無印良品 有楽町 ATELIER MUJI
企画協力:
明和電機
グラフィックデザイン:
中村至男

明和電機プロフィール

  • 土佐信道プロデュースによる芸術ユニット。青い作業服を着用し作品を「製品」、ライブを「製品デモンストレーション」と呼ぶなど、日本の高度経済成長を支えた中小企業のスタイルで、様々なナンセンスマシーンを開発しライブや展覧会など、国内のみならず広く海外でも発表。音符の形の電子楽器「オタマトーン」などの商品開発も行う。2016年1月には中国上海の美術館McaMで、初の大規模展覧会を成功させ、同年6月には大阪では20年ぶりとなる展覧会を開催した。

関連イベント