[終了しました]無印良品 有楽町ワークショップ「古美術と暮らす 暮らしの中のしつらい」

古いものを、新しい家具や近代的な住まいで、どうやって美しく飾って楽しみますか。なんだか敷居が高い?専門的な知識が必要?そんなことはありません。自由で、楽しい、古いものとの暮らしかた、楽しみ方を、白洲正子のエピソードなどを交えながら、古美術・骨董の雑誌、月刊目の眼の編集長 白洲信哉が語ります。

時間:
約60分間
開催場所:
無印良品 有楽町 3F Open MUJI
参加対象:
12歳以上
参加費:
1500円
定員:
35名様
登壇者:
月刊目の眼の編集長 白洲信哉
その他:
参加費には、目の眼1冊代金を含みます。
トーク後サイン会あり。
申込方法:
下記の応募フォームより、お申し込みください。
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきますのであらかじめご了承願います。
キャンセル:
キャンセルはMUJI passportメッセージ通知またはイベント登録完了メールより手続きをお願いします。

講師紹介

  • 月刊目の眼の編集長 白洲信哉1965年東京都生まれ。細川護熙首相の公設秘書を経て、執筆活動に入る。その一方で書籍編集、デザインのほか、さまざまな文化イベントをプロデュースし、日本文化の普及につとめている。父方の祖父母は白洲次郎・正子。母方の祖父は文芸評論家の小林秀雄。
×
×
Open MUJI

Open MUJI 有楽町

住所
東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町 1~3F
電話
03-5208-8241
営業時間
10:00~21:00

開催予定のイベント