無印良品 有楽町 トークイベント「暮らしに日本美術を 根津美術館に行こう」

2017年9月25日(月)

1941年に南青山で開館した根津美術館は、日本・東洋の古美術品約7000件を所蔵する私立美術館です。2009年秋には隈研吾氏による新たな展示施設を整え、年7回の展覧会を開催し、さまざまな関連プログラムや茶会などのイベントを行っています。展覧会、庭園、ショップにカフェ―根津美術館の魅力と楽しみ方を、開催中の展覧会「ほとけを支える」展のハイライトを含めてご紹介いたします。

開催日:
2017年9月25日(月)
開催時間:
19:00~20:30
時間:
約90分間
開催場所:
無印良品 有楽町 3階 Open MUJI
参加対象:
12歳以上
参加費:
無料
定員:
35名様
参加対象:
特になし
登壇者:
白原由起子(根津美術館 学芸部 特別学芸員)
鈴木潤子(ATELIER MUJIキュレーター)
申込方法:
下記の応募フォームより、お申し込みください。
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきますのであらかじめご了承願います
  • 開催日時 : 2017年9月25日(月)19:00 ~ 20:30
  • 開催場所:有楽町

登壇者紹介

  • 白原由起子慶應義塾大学より博士学位取得(専門は日本美術史)。イギリス・センズベリー日本藝術研究所訪問研究員、アメリカ・シアトル美術館キュレータを経て、2008年より東京・根津美術館に勤務。2011年「春日の風景」展、2017年「高麗仏画」展、現在開催中の「ほとけを支える」展を担当する。日米文化教育交流会議(CULCON)の美術部門委員、2019年国際博物館会議京都大会(ICOM-Kyoto)の実行委員を務める。
  • 鈴木潤子時事通信社、森美術館、日本科学未来館で通算約20年間の勤務を経て独立。2011年よりATELIER MUJIシニアキュレーター。あいちトリエンナーレ2013PRオフィサー、東京 2020オリンピック・パラリンピック招致委員会評議会広報アドバイザーなど、アート・デザインを中心に、幅広い分野でPRやキュレーション、文化施設の立ち上げに携わる。2017年より上野「文化の杜」新構想実行委員会広報ディレクターを務める。
×
×
Open MUJI

Open MUJI 有楽町

住所
東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町 1~3F
電話
03-5208-8241
営業時間
10:00~21:00

開催予定のイベント