[終了しました]無印良品 有楽町 Open MUJI トークイベント 「高千穂郷食べる通信」

世界農業遺産の地、高千穂のお米でできた甘酒を飲みながら歴史と生産者の思いを知ろうという”ちほまろ3つのお土産”付きトークイベントです。今回はゲストに、食べ物付き情報誌『高千穂郷食べる通信』の副編集長である佐藤翔平氏、株式会社高千穂ムラタビのどぶろく隊長 佐伯勝彦氏をお呼びし、高千穂郷の魅力について語っていただきます。

[関連イベント]「Open MUJI 有楽町」 開催のお知らせ

時間:
約90分間
開催場所:
無印良品 有楽町 Open MUJI
参加対象:
12歳以上
講師:
佐藤翔平
佐伯勝彦
参加費:
無料
定員:
25名様
申込方法:
下記の応募フォームより、お申し込みください。
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきますのであらかじめご了承願います
キャンセル:
キャンセルはMUJI passportメッセージ通知またはイベント登録完了メールより手続きをお願いします。

講師プロフィール

高千穂郷食べる通信副編集長 佐藤翔平

1991年生まれ、宮崎県高千穂町出身。高千穂町役場在職、NPO法人高千穂アカデミー代表。公務員ながらNPOを立ち上げ、高千穂郷食べる通信の発刊に携わる。全国から若手リーダーが100人集まった「宮崎ワケモン会議」主催。地域づくりのほかにも、ローカルメディア「MACHI LOG」にライターとして参加。

  • 株式会社高千穂ムラタビ どぶろく隊長 佐伯勝彦1988年生まれ、宮崎県木城町出身。前職は警察官、5年前に株式会社高千穂ムラタビにを立ち上げ。「限界集落の未来を作る」をビジョンに平均年齢60歳以上の集落で、地元のお米を使ったどぶろく、あまざけの製造を手がける。現在は、海外にも輸出中。第3回ディスカバー農村漁村の宝に選定(農林水産省選定)
×
×
Open MUJI

Open MUJI 有楽町

住所
東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町 1~3F
電話
03-5208-8241
営業時間
10:00~21:00

開催予定のイベント