無印良品 有楽町 ATELIER MUJI「え、ほん?」展

2017年11月3日(金)~12月17日(日)※店舗休館の場合は、それに準じます。

え、ほん?展へ、ようこそ

本と人類の関係は、長く深い。

そのはじまりでは石や土、そして植物や動物の皮など身近な天然素材を活用し、今では電子化されるなど、その姿をすこしずつ変えて、本は私たちの生活に寄り添い続けています。

では、もしも本や絵本が、立体になったら?ちょっと風変わりな読書体験とは?

本展では、4組のアーティストがこの問いに挑戦しました。敢えてそれを「え、ほん?」と呼びたい、と思います。

本とは、絵本らしさとは、何か。読書に何を求めるのか。

ほんの少しそこからはぐれて、迷子になる楽しさが、ここにはあります。

Welcome to the “Eh, books?” exhibition
The relationship between books and human beings – it has a long and profound history.It began with stones and earth, then moved on to using natural materials found in everyday life like plants and animal skins.
Now being digitalised, books exist close to our lives in many different forms.
Then,
What if books and picture books became 3-dimensional?
What would create a curious and original reading experience?
In this exhibition, 4 artists challenge themselves to find answers to these questions.
We would like to call the outcome, specifically,“Eh, books?”.
What really defines books, and picture books?
What do we expect from reading books?
When leaving these questions behind, we might find something fun, something new, by losing ourselves in this exhibition.

開催日:
2017年11月3日(金)~12月17日(日)※店舗休館の場合は、それに準じます。
開催時間:
10:00~21:00
開催場所:
無印良品 有楽町 2F ATELIER MUJI
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町
アクセス:
JR山手線・京浜東北線「有楽町駅」下車 京橋口すぐ、東京メトロ有楽町線「有楽町駅」下車 D9出口すぐ、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」下車1出口 徒歩3分
参加費:
無料
主催:
無印良品
アーティスト:
江口宏志、大日本タイポ組合+国立国語研究所、中村至男、Anna BUDANOVA
グラフィックデザイン:
大日本タイポ組合
空間・会場構成:
山岸綾(サイクル・アーキテクツ代表・建築家)
機材協力:
LSPX-P1 ソニー株式会社
企画・運営:
株式会社良品計画 生活雑貨部企画デザイン室・無印良品 有楽町 ATELIER MUJI
お問い合わせ:
ATELIER MUJI

アーティスト

  • 江口宏志(本好き・蒸留家見習い)本好き・蒸留家見習い。2002年に書店〈UTRECHT〉、09年に現『THE TOKYO ART BOOK FAIR』を立ち上げる。15年、共に辞任し、ドイツ〈Stahlemuhle〉で蒸留酒造りを学ぶ。現在、千葉県・大多喜町にて元薬草園を改修し、フルーツや薬草などを原料にしたボタニカルブランデーを製造する〈mitosaya 大多喜薬草園蒸留所〉の設立を準備中。
  • 大日本タイポ組合(デザイナー)秀親と塚田哲也の2人で1993年に結成。日本語やアルファベットなどの文字を解体し、組合せ、再構築することによって、新しい文字の概念を探る実験的タイポグラフィ集団。ロンドン、バルセロナ、東京での個展、および国内外での企画展に参加。2015年 ギンザ・グラフィック・ギャラリーにて「字字字」展を開催。2017年「なんでももじもじ」(福音館書店)を出版。
  • 中村至男(グラフィックデザイナー)川崎市生まれ、日本大学芸術学部卒業後、(株)ソニー・ミュージックエンタテインメントを経て独立。グラフィックデザイナーとして活動しながら絵本の製作もはじめる。絵本の著書に『どっとこ どうぶつえん』、『はかせのふしぎなプール』、『たなのうえひこうじょう』(すべて福音館書店)など。『どっとこ どうぶつえん』で、2014ボローニャ・ラガッツィ賞優秀賞を受賞。
  • Anna BUDANOVA(アニメーション作家)アニメーション作家。1988年生まれ。2011年ウラル州立大学美術・建築アカデミー卒業。在学中より美術あるいはアニメーターとして様々な映画の製作に携わる。デビュー作の『The Wound』が2013年アヌシー国際アニメーション映画祭審査員特別賞、第15回広島国際アニメーションフェスティバル優秀賞。「Among the black waves」が第20回(2017年度)文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞。

ATELIER MUJI『え、ほん?展』2017

関連イベント