無印良品 有楽町 ATELIER MUJI アーティストトーク「え、ほうげん? え、ほうだん!」

文字で書かれた絵本「なんでももじもじ」(福音館書店)の作者である大日本タイポ組合が、方言を取り上げた本展の作品について国立国語研究所の木部先生と放談します。

時間:
約90分間
開催場所:
無印良品 有楽町 2F ATELIER MUJI
参加費:
無料
参加対象:
特になし
定員:
35名様(要事前予約)
登壇者:
大日本タイポ組合(デザイナー)
木部暢子(国立国語研究所 言語変異研究領域 教授・副所長)
申込方法:
下記の応募フォームより、お申し込みください。
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきますのであらかじめご了承願います
キャンセル:
キャンセルはMUJI passportメッセージ通知またはイベント登録完了メールより手続きをお願いします。
  • 開催日時 : 2017年11月28日(火)19:00 ~ 20:30
  • 開催場所:有楽町
  • 残り : 2席

講師紹介

  • 大日本タイポ組合(デザイナー)秀親と塚田哲也の2人で1993年に結成。日本語やアルファベットなどの文字を解体し、組合せ、再構築することによって、新しい文字の概念を探る実験的タイポグラフィ集団。ロンドン、バルセロナ、東京での個展、および国内外での企画展に参加。2015年 ギンザ・グラフィック・ギャラリーにて「字字字」展を開催。2017年「なんでももじもじ」(福音館書店)を出版。
  • 木部暢子(国立国語研究所 言語変異研究領域 教授・副所長)福岡県北九州市生まれ。鹿児島大学法文学部教授を経て、2010年4月より国立国語研究所教授・副所長。鹿児島、奄美、沖縄を中心に方言の調査と記録を行っている。主な著書に「鹿児島県のことば」(共著、明治書院、1997年)、「西南部九州二型アクセントの研究」(勉誠出版、2000年)、「じゃっで方言なおもしとか」(岩波書店、2013年)などがある。

関連イベント

×
×