無印良品 有楽町 トークイベント「Going Local Talk - 誰でもできる!ローカル・再エネ社会へのパワーシフト」

2017年10月24日(火)

2011年の震災・原発事故から6年半がたちました。
あのときに、考え方が大きく変わったという方も多いかもしれません。
エネルギーのあり方についても、「私たちに関係のうすい遠くのこと」から身近な問題として考えるようになりました。
あれから6年半、大規模な原子力・化石燃料に依存していた体制から大きな変化が起こりつつあります。
世界では、再生可能エネルギー100%を調達を宣言する企業や自治体、大学などがあいつぎ、日本でも各地で、エネルギー自立を目指す興味深い動きが始まっています。
私たちのくらしもつながっています。私たち自身も、そうした動きに参加し、応援することもできるのです。
一緒に考えてみましょう!

※「Going Local Talk」は、2017年11月11日、12日に東京で開催される「しあわせの経済」世界フォーラムに向け、ローカリゼーションの思想を学んでいく取り組みです。
「しあわせの経済」世界フォーラム公式サイト

開催日:
2017年10月24日(火)
開催時間:
18:30~20:00
時間:
約90分間
開催場所:
無印良品 有楽町 3F Open MUJI
参加対象:
12歳以上
参加費:
無料
定員:
35名様
申込方法:
下記の応募フォームより、お申し込みください。
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきますのであらかじめご了承願います
  • 開催日時 : 2017年10月24日(火)18:30 ~ 20:00
  • 開催場所:有楽町
  • 残り : 28席

講師紹介

  • 吉田明子国際環境NGO FoE Japan / パワーシフト・キャンペーン事務局
    2007年よりFoE Japanスタッフ。脱使い捨て、気候変動キャンペーンなど活動ののち、2011年からは福島原発事故やエネルギー問題に取り組む。2011年よりeシフト事務局、2015年よりパワーシフト・キャンペーン立ち上げ・運営。エネルギー政策に市民の声を届ける観点で活動する。
  • 前田瑞穂地域活動支援センター メサ・グランデ施設長
    メサ・グランデは、地産地消への取り組みとして川崎地元野菜の販売、それらを使ったランチやお弁当、ドリンクの提供をしているコミュニティカフェです。同時に障害のある方を受け入れる地域活動支援センターとしての役割を担っております。また、地域で起業を考えている方の支援なども行い、新しい挑戦をする方の応援をしています。
  • 照井敬子薬樹株式会社Strategic Social Unit/マネジャー
    保険薬局事業部エリアマネジャー、スロースタイル薬樹薬局企画・立ち上げ等を経て現職。健康理念「健康さんじゅうまる」に基づき、エコステーション企画・運営、グループ特例子会社との連携により障がい者社会参画サポート等を行う。合わせて、2010年NPO法人Liko-netを設立し、サステナブルチョイスをスローガンとしたイベントの企画・運営、執筆活動を行う。
×
×
Open MUJI

Open MUJI 有楽町

住所
東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町 1~3F
電話
03-5208-8241
営業時間
10:00~21:00

開催予定のイベント