収納のアイデアが各所に散りばめられた木の家。

戸建て、3人暮らし

学生の頃から無印良品のファンだったという、ご主人と奥様。無印良品の家「木の家」を建てることになり、家具などのコーディネートを、インテリア相談会でご相談いただきました。
無印良品の家の施工例をWebサイトで何度もご覧になり、理想的な暮らしの形のイメージをふくらませていたお二人。
吹き抜けの開放感いっぱいのリビングルームに置いた、ブルーのソファベンチも印象的です。

2階に設置したONE PIECEコレクション。「前の家では大きさが違うカラーボックスなどに置いていたので、一箇所に集めたく、スタッキングシェルフを選びました」と、ご主人。
色とりどりのフィギュアが並ぶ姿は壮観。「ここは第二のリビングルームとも呼べるくつろぎの空間です」。

3台のパイン材シェルフ、硬質パルプボックス、壁に付けられる家具・3連ハンガーなどで、限られた空間を最大限に活用しています。
ポリプロピレン収納の引出しに貼ったインデックスシールで、中身がひと目で判別できます。
玄関での靴の脱ぎ履きに、ベンチを玄関で使う方も多いです。ドアにマグネットタイプのフックを付ければ、車や家の鍵の置き場所にも困りません。
お部屋に散らかりがちなオモチャの収納にも、スタッキングシェルフは役立ちます。すべてを隠すのではなく、お子さんが自分で片づけられるように、あえてオープンな部分を残しています。

キッチンは、スチールユニットシェルフにワイヤーバスケットやポリプロピレン収納を組み合わせ、機能的に収納。

スチールユニットシェルフを組み合わせた、奥様が予定表や家計簿を書くデスクスペース。普段はキッチンの扉で隠れています。
2階のウォークインクローゼットに設置したポリプロピレンクローゼットケース。ここでもイラスト付きのラベルを活用し、誰の、どんな種類の衣服が入っているのかが一目瞭然です。

担当インテリアアドバイザーから

無印良品 イオンモールKYOTO 吉村

無印良品 イオンモールKYOTO 吉村

長年の無印良品ファンで、無印良品の家をご購入されたお客様。
研究に研究を重ねたプランをお持ちになってインテリア相談会にご参加いただきました。
幸せいっぱいの雰囲気をお持ちのご家族で、お話しを進めていくと「収納をまとめて」「すっきり」と「広く」なった空間の中で一緒に過ごされることがなにより「感じ良い」と考えていらっしゃることがわかってきました。
お持ちいただいたプランをより良いものにするためのポイントは、使うことを考えて収納プランをつくり、広く感じられるように家具のレイアウトをすること。
ご主人、奥様、お子さんそれぞれのしまう高さや動作、ご家族のくらしの動きと身を置く場所からの見え方。
くらしのコツを交えながらシミュレーターで検証して、展示で実際に確認という流れを、プランごとにじっくりと進めさせていただきました。