向かい合った2つの壁面を収納に最大活用。

マンション、3人暮らし

現在のマンションに引っ越されて3年。最初は以前からご愛用の家具を使われていましたが、「今の住まいある程度慣れたら家具の見直しをしたいと考えていました」との思いで、インテリア相談会にご参加いただきました。
大きな窓から光が注ぐリビングダイニングルームは、「使う色を抑えたい」というご要望もあり、落ち着いた色味でコーディネートされています。

「あまりにもピッタリと納まったので驚きました(笑)」と、おっしゃられる、壁一面に設置されたスタッキングキャビネット。
テレビ台、オーディオラック、本棚、小物入れ等、さまざまな用途で使用されていますが、それぞれの物が使いやすいように最適な場所に収納されています。

インテリア相談会ご参加前のお部屋
ダイニングテーブルとチェアは、以前からご愛用の物の無垢材シリーズを引き続きご利用されています。
「今回、収納家具を入れ替えるにあたり、所有している物をひとつ一つ見直す良いきっかけになりました」。
ダイニングルーム側の壁には、ステンレスユニットシェルフを設置し、キッチン家電や食器などを収納。
「ステンレスの硬質な質感と木のあたたかい質感のバランスが気に入っています」。
インテリア相談会ご参加前のお部屋

担当インテリアアドバイザーから

無印良品 有楽町 大輪

無印良品 有楽町 大輪

お客様とは、私が以前勤務していた無印良品 二子玉川からのお付き合いで、よくご家族3人でご相談に来られていました。無印良品 渋谷西武に異動後も「スタッキングキャビネットがぴったりでした!」と、写真を店舗まで持参いただき、大変うれしく思ったことを今でも覚えております。
「必要な時に物がすぐ探せる部屋にしたい」というご要望でしたので、収納を一か所にまとめるプランを考えました。二つの壁を活用し、スタッキングキャビネットとユニットシェルフの汎用性の高さが活かせたと思います。
また最初のカットに掲載されている、「ソファベンチ」にも注目していただきたいです。カラーはラグの色味に合わせて、グレーベージュ×ブラウンにしました。また、ロータイプなので、視線を遮ることなくお部屋に統一感と解放感を持たせていています。
今回のユニットシェルフのご提案をとても気に入っていただき「ぜひ書斎にも」と、先日もご相談にいらっしゃいました。
これからも、そのお客様だけの「感じ良いくらし」を実現していきます。