【事例】部屋づくり相談

マンション、2人暮らし

香りや音を加え、快適な眠りの空間を演出。

引っ越しをきっかけにインテリア相談会にご参加されたお二人。
限られたスペースを有効活用したいので、ベッド下も収納として利用できる、ベッドフレームを選択されました。お二人の生活リズムが違うので、あえてスモールサイズを2台並べて使用されています。
毎日のくらしの中でも大切な眠りの環境をさらに良いものにするため、撮影当日、寝室のコーディネートを何パターンかご提案させていただきましたので、あわせてご覧ください。
ベッドフレーム

インテリア相談会ご参加前のお部屋

2台のベッドを離し、どちらのベッドからも手が届きやすい位置にサイドテーブルを設置。
アロマディフューザーなどの小物を少し加えただけですが、「見慣れた寝室が、ホテルのような雰囲気になって驚きました」と、お部屋の印象もだいぶ変わります。

香りや音も、心地よい眠りのために大切な要素です。
アロマディフューザーのタイマー機能を使えば、お好みの香りに包まれながら眠りの時間に。
ダイヤル式Bluetoothスピーカーは、Bluetoothを使って、スマートフォンなどから音楽を流すことができます。

担当インテリアアドバイザーから

無印良品 ららぽーと新三郷 江口

無印良品 ららぽーと新三郷 江口

「快適に眠る」要素はマットレスだけでなく、眠るための環境を整えることもとても重要です。
今回のコーディネートはマットレスの選び方に加えて、寝室をより快適に過ごせるコツを提案させていただきました。
誰でも取り入れることができるコツなので、ぜひ参考にしてみてください。

この事例で利用されているサービス