【事例】部屋づくり相談・くらしの収納相談・サイズオーダーサービス

マンション、2人暮らし

大量の書籍を、壁一面に収納。

ご夫婦で日本料理屋を営まれているお二人。
お仕事柄、ご主人がお料理関連の本を多数所有されていて、その収納方法に悩まれている中、MUJI SUPPORTにご参加いただきました。
今回の引っ越しをきっかけに、スタッキングシェルフを使った壁面収納を設置し、そのお悩みを解決されました。

5段タイプを7列と、5段用3列オープンタイプを組み合わせた、スタッキングシェルフの壁面収納。
TV等を設置することが多い開口部を、お部屋を彩るアートのスペースとして利用されていることも印象的です。

リビングルームから続く和室にも、スタッキングシェルフを設置。
並べて設置したオーク材チェストと奥行きを合わせるため、スタッキングシェルフのサイズオーダーを利用されたことで、連続性が美しい収納が実現しました。
スタッキングシェルフのサイズオーダーは、無印良品各店舗で承っています。

和室の反対側の壁では、無垢材ベンチをパソコンテーブルとして利用。
椅子としてはもちろん、和室などの低い生活空間では、テーブルとしても活躍します。

担当インテリアアドバイザーから

「本がたくさんあるんです」という奥様のお話から、ご相談が始まりました。
お話をお聞きする中で、お互いのお仕事や趣味を尊重しながらも、お二人で一緒に過ごす時間を大切にされている印象を受けました。お仕事での疲れを取り、趣味を楽しんでいただけるリラックス空間を考慮し、提案いたしました。
ご夫婦で日本料理屋を営まれていて、お料理関連の本をたくさんお持ちであること、ご主人のご趣味で漫画本もたくさんあり、これからも増えていく予定とのことでした。
スタッキングシェルフは、さまざまな大きさでたくさんある書籍の収納や、ぴったりはまる収納家具と合わせて、どんなしまい方をしてもマス目がきれいで整って見えます。
リビングと和室の間の仕切りは、常に開いている状態になるため、壁面の棚が隣の部屋にも続き、整然と見えるようにプランニングしました。
リビングの扉を開けた瞬間に広がる、整然と整えられた空間。「ここからの景色が一番好きです。」とおっしゃられたのが印象的でした。