(閉)そごう横浜

【そごう横浜】店長の横浜日記 vol.16

キービジュアル画像:店長の横浜日記 vol.16

その他

2019/06/03

こんにちは。前々からずっと「横浜の食の台所に行ってみたい!」と、言っていた店長。ということで、今回は「横浜市中央区卸売市場 水産部」に行ってきました。

「関係者以外入場禁止」の看板を横目に、ずんずん進んでいく店長。

事前情報によると市場内にある食堂は、関係者以外の利用も可能だそう。

 

目指すお店は決まっていますが、その前にちょっと寄り道をしながら、場内見学。競りは終わっていましたが、普段は目にすることのない光景に、気分は小学生。



 

さてさて、ありました!目的の「厚生食堂」。昔から、現場で働くひとたちに愛されてきたお店、って感じの趣です。

 

せっかく水産部にきたということで、「半鮪鉄火丼とたぬきそば」を注文。写真では伝わりづらいのですが、鮪の色がとてもきれいで、新鮮さが一目瞭然。身もひとつひとつが大きくて、ボリューム満点!

 

食べている最中も、注文カウンターでは「店長ー!いつものちょうだーい。」「おつかれー!夕方届くからよろしくねー。」といったやりとりが飛び交い、長年の信頼関係を感じました。

チリンチリンと時折鳴る風鈴の音を聴きながら、外でたべるごはんは、どんな高級食材よりも、何だか贅沢に感じてしまう店長なのでした。

 

帰り際、ふと、発見したメッセージ。

そして、店長も伝えたいメッセージがあると。

4回の味の改良を重ね、長年愛されてきた無印良品の『バターチキンカレー』です。

6月2日から、カレー専用ギフトボックスの無料配布をはじめました。ご希望のかたは、ぜひレジでお声掛けください。


無印良品そごう横浜では、定期的におすすめの情報を配信しています。ぜひ、店舗をフォローして、お楽しみください。記事を楽しんでいただけたら、右上のハートマークをタップしてください。ハートの数を、記事つくりの参考にしています。


無印良品 そごう横浜