イオンモールKYOTO

【イオンモールKYOTO】脱プラ宣言マスク編

【イオンモールKYOTO】京都脱プラ宣言。 マスク編

スタッフのおすすめ

2020/10/09

プラスチック製レジ袋の有料化がスタートしてから、レジでのお会計の際にマイバッグをお持ちいただいている方がとても多く、みなさんの環境に対する意識の高さを感じています。
「京都脱プラ宣言」と題して、この機会にもっと環境についてじっくり考えてみたいと思います。

今や毎日の必需品となったマスク。
みなさんはどんなマスクを日々使っていますか?軽くて便利な使い捨ての不織布マスクを使っている人も多いと思います。

不織布のマスクは主にポリプロピレンやポリエチレンといった石油原料の化学繊維が使われていて、石油を原料とするプラスチックは自然分解されずに半永久的に残るという特徴があります。
私たちの身のまわりにはたくさんのプラスチック製品があふれていて、長く使い続けることができるものもあれば、一度つかっただけで廃棄されてしまうものも。使い捨てマスクはそのひとつですね。

まったく使わない、ではなく 「使う量を減らす=プラスチックごみを減らす」 ということなら、私たちにもすぐにできそうです。

無印良品では「繰り返し使える2枚組・三層マスク」を販売しています。
サイズは約17.5㎝×9.5㎝。少し大きめです。
【イオンモールKYOTO】繰り返し使える2枚組・三層マスク
通気性と吸水性に優れている綿100%に、抗菌防臭加工を施したマスクです。鼻の部分にワイヤーが入っているのでずれにくくなっています。
布製のマスクは洗って繰り返しつかうことができるので、すぐにゴミにもなりません。
※1枚で約30回お使いいただけます。

それでは、布マスクを清潔に使い続けるために、どのように洗濯すればいいのでしょうか?

マスクの洗濯は、洗濯機ではなく手洗いがおすすめです。
ていねいに洗うことで汚れをしっかり落とし、縮んだりしわやヨレなどの型崩れや、ゴムが伸びるなどの悩みも軽減できますよ。

今回はとても簡単にマスクを手洗いする方法をご紹介します。

1.ジッパー付きの保存袋にマスクが浸るくらいの温水(40℃くらい)を入れ、中性洗剤をティースプーン1杯ほどたらします。その中にマスクを入れ空気を抜き、10分ほど置きます。
 
【イオンモールKYOTO】ジッパー付きの保存袋に入れます

2.手のひらで軽く押し洗いします。繊維を痛める可能性があるため、もみ洗いせず軽く押し洗いをします。
 
【イオンモールKYOTO】優しく押し洗いします

3.水を捨て、すすぎ洗いを3回ほど繰り返したら清潔なタオルにはさむようにしてマスクの水気を切り、形を整えて風通しのよいところで陰干しして下さい。
 
【イオンモールKYOTO】風通しのいいところで陰干ししてください

汚れが気になるときには、洗濯板などをつかっても。
 
【イオンモールKYOTO】洗濯板も便利です

繰り返し使える、ということ。
それはごみを減らし、環境や生態系に与える影響を少しずつ削減することにつながります。そして布マスクならではの肌触りのよさをお試しください。


無印良品 イオンモールKYOTO

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

関連商品