アトレ恵比寿

【アトレ恵比寿】MUJI BOOKS 書籍のご紹介『かえるの哲学』

【アトレ恵比寿】 MUJI BOOKS 書籍のご紹介

MUJI BOOKS

2021/04/14

【アトレ恵比寿】
MUJI BOOKS書籍のご紹介

『かえるの哲学』
出版社:ブルーシープ株式会社
著:アーノルド・ローベル  訳:三木卓
税込935円
 
-----
 
「おきなよ、はるがきたんだよ」―― 春になるとこのフレーズを思い出し、読みたくなるのが、アーノルド・ローベルの『ふたりはともだち』。1970年(日本語訳は1972年)の刊行以来、<がまくんとかえるくん>の絵本は、続く3冊とともに世界中でロングセラーとなりました。内気でのんびり屋のがまくんと、お人よしで行動派のかえるくん。2人の素直でユーモラスなやりとりにクスっと笑ったり、互いを思う気持ちにホロリとしたり。心が洗われるようで、子供はもちろん大人も楽しめる名作です。
 
2021年、シリーズ全4冊から50の言葉を厳選し、文庫サイズにまとめた『かえるの哲学』が出版されました。「哲学」と言うだけあって、ほのぼのとした気持ちになるだけでなく、深く考えさせられる言葉も散りばめられています。また、絵本にはない英語の原文も併記されているため、訳者・三木卓さんの言葉選びの秀逸さを知ることができます。大人になった今だからこその、味わい深いこの一冊。うららかな春のお供におすすめです。
 
当店5F <MUJI BOOKS 今月の特集コーナー>では、他にも今の季節に読んでいただきたい書籍を選りすぐりで展開しています。ご来店の際、ぜひお立ち寄りください。