(閉)有楽町

キービジュアル画像:【有楽町】冬をあたたかく過ごすための毛布のコツ|インテリアアドバイザー

【有楽町】冬をあたたかく過ごすための毛布のコツ|インテリアアドバイザー

MUJI Support/インテリアアドバイザー

2018/11/07

朝夕の寒さが身にしみる季節となりました。
本日はこれから迎える冬をあたたかく過ごすための、毛布の使い方をご紹介いたします。

 

毛布はからだの上に掛けた方が良いと思われがちですが、羽毛ふとんといっしょに使う場合、毛布はからだから離した方が、よりあたたかくなります。
羽毛ふとんは吸放湿性が高いので、からだに近いほうが湿度をほどよく保ち、あたたかく過ごせます。
そこで、真冬でもあたたかく過ごせるいちばんのおすすめは、1枚をからだの下に敷き、もう一枚を掛ふとんの上にのせる『毛布の2枚づかい』です。

毛布や敷パッドをからだの下に敷くことで、就寝時の体温を受け止めてくれます。毛布を1枚で使う場合は、毛布の下にからだに敷く方法が最も保温効果があります。

さらに、ふとんの上に毛布をかけてフタをすることで、湿度を保ちつつ、からだから出る熱を逃しません。

また、毛布の特長を活かして使い分けるとさらに快適に過ごせます。
からだの下に敷くのにおすすめの毛布は『あたたかファイバー毛布』です。
無印良品の毛布の中でも厚みがあり、毛足が長いので、よりあたたかさを感じることができます。
肌触りもとても良く、からだの下に敷くにはぴったりの毛布です。

 

次に、ふとんの上に毛布をかける場合におすすめの毛布は『ウォッシャブルウール混原毛色毛布』です。
無印良品の毛布の中では、とても軽く、ふとんの上にかけても心地よくお使いいただけます。
また、ウールは湿度の調節にすぐれた素材なので、ちょうど良いあたたかさを保ちます。
寒さがだんだんと厳しくなるこれから季節に、眠りの環境を整えてみてはいかがでしょうか。

 

無印良品 有楽町 の3F寝具・家具売場では7種類の毛布を取りそろえております。
ぜひ店頭で、お試しください。

 

寝具の相談をはじめ、整理収納の相談から家一軒のトータルコーディネートまで、一人一人に合わせた『感じ良いくらし』をインテリアアドバイザーがお手伝いします。

このバッジをつけているスタッフが、インテリアアドバイザーです。
ぜひ、お気軽にお声かけください。皆様のご来店をお待ちしております。

 

無印良品 有楽町

 

 

← 前の記事へ

次の記事へ→

← 前の記事へ

次の記事へ→