シエスタハコダテ

【シエスタハコダテ】北極の宝もの

【シエスタハコダテ】北極の宝もの

MUJI BOOKS

2020/03/18

だんだんと春らしくなってきた函館ですが、本日は、あえてこちらの本をご紹介します。
『北極の宝もの』という絵本です。
昼間も暗い、北極の冬での女の子とおじいちゃんのお話。

白ばっかりの北極で、まいにち色をまっている女の子。
冬の長い北海道に住んでいると、その気持ちに思わず共感してしまします。
窓の外は白く、しんしんと雪が降り積もる北海道の冬。
北極と北海道では場所も違い、寒さも違いますがが、同じ雪の国。色を待っている女の子の気持ちを誰しも感じた事があるのではないでしょうか。
【シエスタハコダテ】北極の宝もの②
お話の最後で、女の子は素敵なとりどりの色を見つけます。
どんな色だったのかは、ぜひ本を開いて。
函館にももうすぐ暖かな春がやってきます。
寒い冬を乗り越えた木々や、お花、空、海、たくさんの色にこれから出会えるのが楽しみですね。

MUJIBOOKSはこちら

無印良品シエスタハコダテ

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い