イオンモール松本

キービジュアル画像:【木曽漆器祭つながる市 お店のご紹介1】うす焼きカフェ 豆まめ

【イオンモール松本】【木曽漆器祭つながる市 お店のご紹介1】うす焼きカフェ 豆まめ

その他

2019/06/06

【6/8(土)塩尻市木曽平沢にて、無印良品のつながる市をおこないます】
木曽漆器祭・奈良井宿場祭は、6月の7日(金)から9日(日)の3日間、行われます。このお祭りの中日(なかび)である6/8(土)、木曽平沢地区で、「無印良品つながる市」として信州にゆかりのある出店者のみなさんに屋台を出していただきます。9時から17時くらいまでの予定ですが、「売り切れしだい店じまい」の屋台もあります。

【テーマは「食」】
お祭りで街並みを散策したり、沢山の体験に熱中しているとおなかが空くものです。そんな時に気軽に食べられるものがあると、うれしいですよね。また、昔から、漆は日本の「食」のシーンを彩ってきました。そんな漆と食との”つながり”を感じながら、いろんな屋台を見て回って、食べてみてくださいね。

どんなお店が出店するか、この記事を第一弾として、今後1店ずつご紹介していきます。

【うす焼きカフェ 豆まめ】
今回、ご紹介するのは、「うす焼きカフェ 豆まめ」。イオンモール松本のすぐそば、中町にあるカフェです。信州伝統の郷土食「うす焼き」は、小麦粉にお豆や野菜などを入れて焼き上げた”松本版パンケーキ”とのこと。「粉から具材までこだわった安心安全、小さなお子様からご年配の方まで召し上がれます。」と店主の丸山さん。実店舗で買える「うす焼き」は、りんご・シナモンの入った甘いものから、野沢菜やチーズの入ったものまでいろいろ。おやつからごはんまで楽しめます。つながる市ではどんな味が食べられるのか、楽しみにしていてくださいね。

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い