MUJIキャナルシティ博多

【MUJIキャナルシティ博多】今日のずっといい言葉|1月16日

【MUJIキャナルシティ博多】今日のずっといい言葉

MUJI BOOKS

2021/01/16

こんにちは。MUJIキャナルシティ博多です。
 MUJI BOOKS 店内で毎日お伝えしている「今日のずっといい言葉」から、特に印象的だった言葉を週替りでお届けします。

----------
『パンケーキにすわりこんでもいいの?ムーミン谷の名言集』
著者:トーベ・ヤンソン
編集:ユッカ・パルッキネン
訳:渡部 翠
出版社:講談社
価格 :1400円(税別)
p.49

先週の3連休はとても寒かったですね。
久しぶりに雪を見て、ああ今は1月だったんだなあ・・・と、改めて冬を実感しました。
私にとってもう一つ。雪だけでなく、ムーミンの絵本も、冬を感じるアイテムの一つです。

なんだか寒くなってきた、あったまりたいなあ。と、毛布やこたつを引っ張り出すように、
自然と本棚から、ムーミンの絵本を選んでしまう時。
ああ今年も冬がやってきたんだなあと思うのです。

ムーミンといえば、あのかわいらしいキャラクターがすぐに思い浮かぶのではないでしょうか。
きっとムーミンを知らない人はいないはず。
ただ、ムーミンのお話となると、どんなだったかしら?と思う人も多いはず。
読んでみると、こんなに優しい言葉で溢れてたなんて・・・と驚くかもしれません。

冬って、空気が澄んでいて、しんとして、少し寂しい。
そんな時期、少しだけ隙間風で冷えてしまった心を、ムーミンのお話が温めてくれます。

早くこの怖い時代が終わってほしい!早く!早く!と、たくさんの情報から得たものを恐れるあまり、
「待つ」ということの大切さを、私たちは見失ってしまっているのかもしれません。
自然や生物のことは、「きちんと待つ」ことで、見えてくることもあるかもしれません。
名言集の中の、このムーミンママの言葉にハッとさせられました。

こちらの名言集はもちろん、どのお話もとても素敵なので、大好きな人への贈り物にもおすすめです。
【MUJIキャナルシティ博多】ムーミン本


MUJIキャナルシティ博多MUJIBOOKS 稲葉 麻祐子