みんなみの里

キービジュアル画像:令和の大嘗祭に庭積机代物として供納された「さば花削」

【みんなみの里】令和の大嘗祭に庭積机代物として供納された「さば花削」

お知らせ

2019/11/22

 先日、令和の大嘗宮の儀がおこなわれましたが、その様子をテレビ画面から見ることが出来るようになったのは、昔から考えたら想像もできないことでしょう。
 じつは、今回の大嘗宮の儀に「庭積机代物(にわづみのつくえしろもの)」のひとつとして、鴨川市から「永井鰹節店」の製造する鯖節が供納されました。
 庭積机代物とは、大嘗祭に納められる各都道府県から選ばれた特産品のことで、ここに並ぶのはたいへん名誉なことです。

 地元の老舗である永井鰹節店は大正9年に創業し、それ以来、昔ながらの手づくりにこだわり、美しくおいしい鰹節や鯖節を製造しています。手づくりだからこそ出せる風味が目に留まり、県内外のお蕎麦屋さんや日本料理店などでつかわれています。
 房州の鯖節は江戸時代から一級品として全国に知られています。今回、庭積机代物に選ばれたのは、そのこだわりがもたらしたものなのかもしれません。



 その鯖節を花削りにした【房州産 さば花削】と【房州産 花かつお】を、みんなみの里の直売所で販売しています。この二つの商品は「千葉ブランド水産物」として千葉県から認定されている逸品です。ぜひ、その風味を味わってください。


 その他、いろいろな房総自慢の海からの恵みが顔をそろえています。
 親戚やお友達へのお土産としてもおすすめです。


 永井鰹節店のホームページはこちら
 https://nagai-katsuobushi.com/

 

********************************************************************************


 いつもみんなみの里のブログをご覧いただきましてありがとうございます。
 みんなみの里をフォローしていただくと、入荷情報やイベント情報のほか、鴨川の情報など地域のことも、皆さんの携帯などに一足早く配信されます。
 記事の右上にあるフォローボタンを押していただき、グレーがエンジ色になればフォローは完了です。
 まだフォローをされていない方は、ぜひ、みんなみの里のフォローをよろしくお願いします。

里のMUJI みんなみの里

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い