みんなみの里

【みんなみの里】まくわうり

【みんなみの里】ほのかな甘さが魅力の「まくわうり」で暑さをしのぎましょう

スタッフのおすすめ

2020/08/04

 夏になるとさまざまな瓜の仲間がお店に出てきます。
 みんなみの里周辺では昔から暑い時季に食べられてきたのが「まくわうり」です。
 
【みんなみの里】まくわうり

 メロンのご先祖様ともいえる野菜で、ほのかな甘みのある水分をたっぷりと含んでいます。
 
【みんなみの里】まくわうり

 いろいろな品種がありますが、お店に出てくるのは、ツヤツヤと黄色に輝く俵型の「黄金まくわ」がほとんどです。7月から8月が旬ということもあって、お盆の際にはお供え物にします。

 
【みんなみの里】まくわうり

 米作りが主流の長狭平野。昔は隣近所が協力しあって順番に田植えや稲刈りをしていました。休憩やお昼ご飯なども田んぼの畔にゴザやシートを広げ、持ち寄ったものを食べていました。
 そんな場面に登場していたのが「まくわうり」です。シャリシャリと梨のような食感の果肉からは、カリウムとビタミンCがたっぷりと入った果汁があふれ出します。

 今考えてみると、「まくわうり」を食べることで疲れたからだを癒して水分と塩分の補給をする、理にかなったことだったのかもしれませんね。
 耕地整理がされて久しく年月が経ち、現在では目にすることのない情景ですが、その頃の味を覚えているのか、現在でも甘いメロンより「まくわうり」を好まれる方が多くおられます。

 
【みんなみの里】まくわうり

 食べ方ですが、縦半分に切って中のワタと種を取り、皮を剥きます。1cmほどの幅に切り分けて、そのまま食べてください。塩をちょっとかけるとさらに甘さを感じることができます。
 水分補給のおやつとして、また、ご飯のおかずとして、ぜひ一度ご賞味ください。

 ちなみに、美濃国の真桑村(現在の岐阜県本巣市)でさかんに栽培されていたので「真桑瓜(まくわうり)」と呼ばれるようになったようです。

********************************************************************************

 いつもみんなみの里のブログをご覧いただきましてありがとうございます。
 みんなみの里をフォローしていただくと、入荷情報やイベント情報のほか、鴨川の情報など地域のことも、皆さんの携帯などに一足早く配信されます。
 記事の右上にあるフォローボタンを押していただき、グレーがエンジ色になればフォローは完了です。
 まだフォローをされていない方は、ぜひ、みんなみの里のフォローをよろしくお願いします。


里のMUJI みんなみの里


 

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い