みんなみの里

「みんなみの里」心地よさのありか

【みんなみの里】身のたけの心地よさ | MUJI BOOKS「里山良本」

MUJI BOOKS

2020/07/17

 編集者・文筆家として雑誌や本のエッセイやインタビューを書いたり、カタログなどの編集を手がける小川奈緒さんとイラストレーターの小池高弘さんご夫妻による暮らしにまつわるエッセイです。

 文章がすっきりしていて、読みやすいです。工夫しながら自分の心地よい暮らしを実践している人のお話は、説得力があり、興味深く参考になります。
 
【みんなみの里】心地よさのありか
 
 「心地よい」とは「身の丈」ってことなんですね。私の住む里山は人からは「なんにもない」といわれますが、生活に必要なものは揃うので、不便を感じたことはないです。「なんにもない」が私にとって身の丈だからでしょうね。

 この本をベッドで読みながら自分にとっての心地よさって何だろう?と考えるうちにウトウトと眠りについてしまう。これがほんものの「心地よさ」とは気づかずに。

 きっとあなたの「心地よさ」も目の前や足下など、手の届くところに遠慮がちな顔して隠れているかもしれませんよ。

 著書名 : 心地よさのありか
 著者 : 小川奈緒(文)小池高弘(画)
 出版社 : パイ インターナショナル
                                                                               *******************************************************************************

 いつもみんなみの里のブログをご覧いただきましてありがとうございます。
 みんなみの里をフォローしていただくと、入荷情報やイベント情報のほか、鴨川の情報など地域のことも、皆さんの携帯などに一足早く配信されます。
 記事の右上にあるフォローボタンを押していただき、グレーがエンジ色になればフォローは完了です。
 まだフォローをされていない方は、ぜひ、みんなみの里のフォローをよろしくお願いします。


 里のMUJI みんなみの里

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い