みんなみの里

【みんなみの里】柳 宗悦

 【みんなみの里】「用の美」を考える | MUJI BOOKS「里山良本」

MUJI BOOKS

2020/11/27

 柳 宗悦氏は日本に民藝運動を起こした中心人物です。なんとなく難しい人って印象があったのですが、このエッセイからは、純粋でユニークで親しみやすい人柄が読み取れました。

 日本の伝統的な生活の中で生み出された「渋さ」や「質素」という美しさを見つけ出し、ただまっすぐにそれらを守り伝えたい。その想いが溢れんばかりにわかりやすく綴られています。柳氏は民藝運動という独自のスタイルで、日本人が失いかけていた「魂」のようなものを再発見して今に残してくれたのだと思います。
 
【みんなみの里】柳 宗悦

 彼は希代のフィールドワーカーだったようです。国内外各地を自らの足で歩いて工芸品を収集し、思考を重ねて「民藝」という美の根源=「用の美」に辿り着いていったと思われます。この実用主義的な方法は、西洋美学の「飾る美」「盛る美」の創造性とは大きく異なるところですね。

 柳氏の民藝運動提唱者としての努力にもかかわらず、生産量、消費量ともに減退している伝統工芸品を後世に残し、地方の発展につながる意識をもつことが私たちにも必要ですね。味わい深い民芸品を見直し、作り手の思い、手作り感を大事にしながら、「手擦れ」や「使い込み」を愛おしみ、日常生活でとことん使っていく。まずはそんなことから始めたいです。

 著書名:柳 宗悦
 著者 : 柳 宗悦
 出版社 : 良品計画

*******************************************************************************

 いつもみんなみの里のブログをご覧いただきましてありがとうございます。
 みんなみの里をフォローしていただくと、入荷情報やイベント情報のほか、鴨川の情報など地域のことも、皆さんの携帯などに一足早く配信されます。
 記事の右上にあるフォローボタンを押していただき、グレーがエンジ色になればフォローは完了です。
 まだフォローをされていない方は、ぜひ、みんなみの里のフォローをよろしくお願いします。


 里のMUJI みんなみの里